1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. 通販用梱包マニュアル
  3. 薄い物の梱包
  4. CDの梱包方法<封筒編>

通販用梱包マニュアル

通販用梱包マニュアルは、商品の梱包方法を動画でご紹介。梱包材、緩衝材の選び方、詰め方のノウハウまで、通販業者様に役立つ知識をプロの視点でお伝えします。
また、0円で梱包したい!という方は、身近にあるものだけでお金をかけずに梱包する「¥0梱包マニュアル」から、梱包の豆知識を知ることも出来ます。

CDの梱包方法<封筒編>

CDの梱包方法<封筒編>は、CDをお手持ちの封筒へ入れる梱包方法を紹介します。
CDはもともとプラスチックケースに入っている商材なので、破損も水濡れも問題ない!という場合には、紙の封筒に入れて発送することも可能です。
ただし、緩衝材を用いないため、破損する可能性も高くなります。
※CDケースは角の部分が特に弱く、指で強めに押すだけでひび割れてしまいます。
破損が心配な方は、ここで紹介しているその他の方法ダンボール編クッション封筒編をおすすめします。

梱包するもの

CD

梱包材

封筒

■梱包の手順

1) 梱包材の準備

まず、お手持ちの封筒を用意します。
CDを入れる前に、宛先を記す面へ「取扱注意」や「われもの」など、赤字で大きく記しておくと、配送の際に荷物の下敷きになりにくくなります。
封筒へ入れる前に、CDをOPP袋に入れることをおすすめします。スーパーにある透明袋などでも代用できます。このひと手間が商品の水濡れや擦れの防止に繋がります。

2) 商品の梱包

伝票を貼らずに、封筒へ直接手書きで宛先などを記す場合、CDを入れる前に記入しましょう。
CDを入れてからの記入では、ペン先がCDに擦れて、CDに傷が付いてしまう可能性もあります。
※専用の伝票を貼る場合、梱包が完成してからでも問題ありません。

記入が済みましたら、封筒の中にCDを入れます。
封筒の余った部分は、CDのサイズに合わせて内側に折り込みます。

3) 封の仕方

一般的なセロテープなど、幅の狭いものは配送時に開封してしまう恐れがありますので、梱包をする際にはガムテープ透明テープなど、幅の広いテープを上から貼りましょう。
隙間となる部分を作らないようにテープ留めを行うと、水濡れや擦れの防止に繋がります。

▼使用した梱包材、緩衝材はこちらより購入できます

ダンボール品揃え最多・ご注文累計100万件以上 創業67年