1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. 通販用梱包マニュアル
  3. 薄い物の梱包
  4. CDの梱包方法<クッション封筒編>

通販用梱包マニュアル

通販用梱包マニュアルは、商品の梱包方法を動画でご紹介。梱包材、緩衝材の選び方、詰め方のノウハウまで、通販業者様に役立つ知識をプロの視点でお伝えします。
また、0円で梱包したい!という方は、身近にあるものだけでお金をかけずに梱包する「¥0梱包マニュアル」から、梱包の豆知識を知ることも出来ます。

CDの梱包方法<クッション封筒編>

CDの梱包方法<クッション封筒編>は、CDをクッション付きの宅配封筒で包む方法を紹介します。
一番簡単なCDの梱包方法は、この緩衝効果と梱包効果を併せ持ったクッション封筒を使うことです。
この場合、緩衝材を選ぶ必要もないので、未経験の方にもシンプルで分かりやすいです。
さらに、封筒に入れるだけで、梱包の手間もなくなりますので、「手早く楽に梱包したい!」方にはぴったりの方法です。
クッション封筒は、通常の封筒よりも少しだけお値段が上がりますが、緩衝材と梱包材を探す手間、梱包する手間を考えたら、コスパも良く、お手軽に梱包が可能です。

梱包するもの

CD

梱包材

クッション付きの宅配封筒 クッション封筒

■梱包の手順

1) 梱包材の準備

ここでは、CDを梱包するために設計された、CDサイズのクッション封筒を用意します。
汎用性の高いダンパック封筒も取り揃えておりますが、最小サイズの寸法がやや大きいため、今回はなるべく隙間を作らず、綺麗に収められるよう、クッション封筒で梱包を進めてまいります。
※クッション封筒、ダンパック封筒には同様の緩衝効果があり、お値段もほとんど変わりません。どちらもリサイクル可能で環境に優しい製品です。

2) 商品の梱包

クッション付きの宅配封筒の中に、商品を入れます。
この時、お手元にポリ袋やOPP袋がある場合、クッション付きの宅配封筒へ商品を入れる前に、CDケースをポリ袋やOPP袋へ収めると、水濡れ防止を図ることもでき、より安心してCDを発送することが可能です。

3) 封の仕方

クッション付きの宅配封筒には、封筒の折り返し部分にテープが付いている場合があります。
その場合、折り返し部分のテープをはがして、封筒を閉じれば梱包完成です。 テープ付きの封筒でない場合は、ガムテープ透明テープなど幅広のテープを上から貼りましょう。内側にクッションが付いていて、通常より反発がありますので、一般的なセロテープなど幅の狭いものは配送時に開封してしまう恐れがあります。

▼使用した梱包材、緩衝材はこちらより購入できます

ダンボール専門店最大の品揃え・ご注文累計100万件以上 創業67年