泣かないで■アースダンボール メルマガVOL111■2021年5月号-2

もし10円玉がポケットからふいに出てきたら、 あなたはどんな風に使いますか? え?10円じゃ何もできないって? まあそうかもしれないね。僕もそう思ってたし。 ある朝、出勤前にズボンのポケットにハンカチを入れると、 ふいに指先に硬化があたった。10円玉が何でこんなとこに? でもその時、僕は遅刻しそうでめっちゃ急いでて、 その10円玉を財布に移さずそのままポケットに入れておいた。 (´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************** 僕の職場はアニメやキャラクター中心の雑貨屋さん。 職場に着く頃には10円の事はすっかり忘れていた。 開店してしばらくすると、女の子が店にやって来た。 小学生?まだ幼稚園?くらいの子だったから、 続いて親が入ってくると思っていたんだが・・・ 女の子は一人だった。 何となく違和感を感じながらも 『いらっしゃいませ~』と声を出す僕と他のスタッフ達。 すると女の子は店内の商品をキョロキョロと探し始めた。 "普通にお客さん・・・だよな?" 女の子は小さなダンボール箱を両手で持っていた。 "何が入ってるんだろう? マイバッグ、かな?" 僕は色んなことが気になった。 こういう時は、 『何かお探しですか?』だろうか・・・? それとも 『一人かな?お母さんやお父さんは?』だろうか・・・? そんな事を考えていると、女の子から声をかけてきた。 『あのお~・・・』(・ω・`;) 『あ、はい、いらっしゃいませ。何かお探しですか?』(^_^) 『折り紙、折り紙ありますか・・・』(・ω・`;) 『折り紙ですね。はい、ございますよ』(^_^) 僕は女の子を折り紙がある棚へ案内した。 『わあああ~いっぱいある~』o(^▽^)o 女の子の目が急に輝いた。 『あのね、折り鶴をこの箱にいっぱいに入れたいの。  折り紙は何枚くらいあればいいですか?』(・∀・) 女の子は僕にそう尋ねた。 『そうだな~、20枚くらいあればいいかな』(^_^) 『じゃあ、ドキドキマジカルメモリーの絵が付いた、  折り紙20枚くらいありますか?』(・∀・) 『はい、ありますよ。えっと、これですね』(^_^) そう言って商品を手渡すと女の子の目が一層輝いた。 『ドキマジメモリー好きなの?』(^_^) 『うん、大好き!お母さんもこれが好きなの!』(O´∀`) 『へ~、今日はお母さんは一緒じゃないの?』(^_^) 僕は思わず気になっていた事を聞いてしまった。 『お母さん入院してるの。  だから元気出るように折り鶴折ってあげるの。  この箱いっぱいくらい作ってあげるの』(。´・д・) そう言って箱の蓋を開けてみせてくれた。 そこには折り鶴が3羽入っていた。 なるほど、一人で来たのはそう言う事か・・・ 『わあ、上手に折れてるね~。  箱いっぱいになったらお母さん喜ぶね~』(^_^) そう言うと女の子は満面の笑みで微笑んだ。 僕は女の子と一緒にレジに行った。 『はい、じゃあ220円になります』(^_^) 僕がそう言うと女の子はポーチからお金を出した。 小銭で100円、10円、5円や1円・・・ 全部の小銭をトレーに乗せ、僕はゆっくり一緒に数えた。 全部で210円だった。 『あと10円あるかな?』(^_^) 女の子はポーチの奥まで指でなぞっていた。 そして女の子の手が止まって数秒後・・・ 『10円、ありません・・・』(。´・д・) 落ち込んだか細い声だった。 『あ、そ、そう、ですか・・・』(・д・`。) 僕はそれ以上の言葉が出なかった。 店内の他のスタッフもこの状況を見つめていた。 僕は女の子になんて言ってあげれば・・・ 僕は只の無力な店員だった。 『すみませんでした・・・』(。´・д・) 気丈にもしっかりしとそう言って女の子は出口に向かった。 そりゃお金が足りなきゃ買えない。 でも僕の仕事って一体、お客様の笑顔って一体・・・ 遠ざかる女の子の背中を見つめながら、 僕はふいに今朝の指先に硬化があたった感触を思い出した。 "あ、、、10円玉、、、あった・・・" 僕は女の子の後を追おうとしたがすぐに立ち止まった。 "いや、これってやっていい事なのか・・・?  あの子はお客さんで僕は店員、それだけの関係。  それに僕は今仕事中。普通に考えて良くない。  でもたかが10円?いやされど10円?いや金額じゃない。  どうする、どうするよ、俺"( ノ*´Д`)ノ こうして考える間にも女の子は行ってしまう。 僕は10円を握りしめたまま動けなかった。 そして遂に女の子は店のドアの外へ・・・ その時だった。 女の子がドアの前でつまづいて転んでしまい、 持っていたダンボール箱を落としてしまった!! 蓋が開いた箱からは3羽の鶴が飛び出てしまった。 僕はすぐに女の子の元へ駆け寄った。 『だ、大丈夫!? どっか痛いとこ無い??』(;゜Д゜) 『うん、大丈夫です、ごめんなさい』(;´∀`) 女の子はそう答えて自分で立ち上がった。 僕は鶴と箱を拾ってあげ、鶴を箱の中に入れた。 そしてその時、僕の心は決まった・・・!! 『あ、あれ~!!   この箱の底の方から10円玉が出てきたよ~!  ほらほら、箱の底のこの隙間から出てきたよ。  あったねえ~10円玉! よかったね~!!』(=゜ω゜)ノ 僕はそう言って箱と10円を女の子に手渡した。 僕に芝居経験なんか無い。いやそれはどうでもいい。 たとえこの演技がドヘタだったとしても、 ただ黙って、黙ってこれを受け取って欲しい・・・ すると女の子は、 『ええ!?ほんとう?? やったあ~!!』(*´∀`*b) と喜んだ! 98-2 僕達は再び一緒にレジに向かった 歩く途中、後輩スタッフと目が合った。 僕に向かって"グッジョブ"と手の親指を立てていた。(o^-')b 反対側に目をやると、先輩女性スタッフと目が合った。 僕に向かって"うんうん"と大きく2度うなづいた。( ̄ー ̄)b さらに奥の方では大先輩おじさんスタッフが、 何故か目頭を押さえていた。(´;ω;`) おいおい。 みんな、気持ちは同じだったんだな。 女の子は満面の笑みで220円をトレーに出し、 折り紙を受け取って帰って行った。 女の子をドアの前で見送った後、 店長が何も言わずに僕の背中を"ぽん"と叩いた。 その夜の閉店後、何故か珍しく皆で飲みに行った。 (´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************** 一ヶ月後、街中で偶然、 あの女の子が女性と手を繋いで歩いているのを見かけた。 すれ違う時、女の子は『お母さん、ハンバーグ食べたい!』 と楽しそうに話していた。 お母さん元気になったんだな、良かったね。 僕はあの時の事を思い出して少しニンマリ顔になった。 でもあの時の行動が正しかったかどうか、実は今でも考える。 あの時、そうあの時って言えばもう一つ。、 あのシーンでの本当の名演技は、グッジョブだったのは、 あのダンボール箱だったんじゃないだろうか・・・と。 ダンボール箱って蓋が2枚重なる所に隙間あるんだよね。 あ、思い出した、あの10円玉。 鮭おにぎり買おうと110円出したけど急に節約心が沸いて、 100円の昆布おにぎりに変えちゃった時のだった。 節約は10円だけどあの子の笑顔はプライスレス、なんて。 FIN (´o`)п(´o`)п(´o`)п **************************     【編集後記】 仕事場では、日々色んな事が起きますよね。 判断に迷うことも沢山ありますよね。 考えてる時間なんてないけどやらなきゃならない、 間違ってるかもしれないけどやらなきゃならない、 そんなことも沢山ありますよね。 もしあなたがこの主人公の立場だったら、 あなたはどうしていましたか? 良かったら聞かせて下さい^^ 最後までお読み下さりありがとうございました。 m(__;)m ライティング兼編集長:メリーゴーランド

次のメルマガへ:2021年6月号 ダンボールウォーズ ~悪の帝国は女の園編~■アースダンボール メルマガVOL 112■
前のメルマガへ:2021年5月号 70歳 新しい恋、始めます -後編-■アースダンボール メルマガVOL110■

バックナンバー一覧に戻る

ダンボール専門店最大3000種類超え・ご注文累計100万件以上 創業68年 工場直営なので最短当日お引き取りも可能 ダンボール2.0

  1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. 箱職人のメールマガジン
  3. 2021年5月号-2 泣かないで■アースダンボール メルマガVOL111■