1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. 箱職人のメールマガジン
  3. 2018年2月号 ようこそ妄想写真館へ■アースダンボールメルマガ VOL51■

ようこそ妄想写真館へ■アースダンボールメルマガ VOL51■2018年2月号

このつづりは、 とある箱屋さんで働く若い男女二人のスタッフの、 といってもアースダンボールとは限りませんが、 "ほんの一瞬"、時間にして0.1秒か0.01秒か、 のそれぞれの"妄想"を写真のように切り取り、 あたかも数分間の思考であるかのように、 可能な限り言語化してみたポエム・・・ そしてここは、 そんな妄想達を1枚の記念写真に仕上げるスタジオ。 ようこそ、妄想写真館へ。 (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************************************** 以前、彼はこんな話をしていた・・・・・ 『実家を出て一人暮らしするって、よくあるじゃん。  進学とか、就職とか、夢を追ってとか、  それから故郷を捨てて、とかさ。  でさ、それがどんな理由だったとしても必ずさ、  "現実の厳しさ"とかってやつを知ることになるじゃん。  全部、自分一人でやんなきゃなんないし、  公共料金とか家賃とかいろんな支払いがさ、  まるで "カシャッ、カシャッ"って音を立てて、  自分の銀行口座から引き落とされていく感じでさ。  でさ、  ふと寂しくって誰かに居て欲しい夜とかもあってさ、  でも、誰も居なくってさ。  だけど誰も居ないからさ、  泣く時だけは誰にも遠慮しなくて良かったりしてさ。  まあそのあたりはいいとして、  一人暮らしの厳しさにブチ当たるとさ、大抵の人がさ、  実家を思い出すって言うよね。  楽しかった事もそうだけどさ、そういう時って余計に、  叱られた時の事とかもよく思い出すよね。  俺もそうだったな。  よく母ちゃんがさ、"風邪の時は生姜とはちみつ"って。  でも俺、子供ん時は生姜が苦手で飲まなくってさ、  "飲みなさい"って、結構叱られたんだよね。  今は生姜はちみつ好きだからさ、風邪の時は助かってる。  でね、このあいださ、寒い日に生姜はちみつ飲んだ時にさ、  ふっ、、と思ったんだよ。  離れてても、守られてるんだな・・・って。  でさ、でさ、  離れていても、守られているような箱。  箱から出した後でさえ、ずっと守られているような箱。  そんな箱、できねえかな~ ( ̄ヘ ̄)ウーン って。』 (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************************************** 以前、彼女はこんな話をしていた・・・・・ 『私も入社してもう3年だから、仕事はそこそこ。  仕事って毎日楽しいけど、同じくらい毎日大変よね。  お客様対応とか、事務ワークとか、業者さん管理とか、  それから先輩の機嫌取りとかね(笑)  嬉しいことも沢山あるけど、  辛くて泣いちゃいそうな時も、たまにはあるのよ。  まあ、仕事もバランスが大事よね。  それでね、たま~に、  息抜きに外の空気を吸いに行ったりするのよ。  屋上とかじゃないけど、まあ会社の前の道とか。  深呼吸したり、のび~ってやったりね。  でね、ある日、ある親子さんがその道を通ったの。  お母さんと、ベビーカーに乗ったお子さん。  ああ、お散歩かな、って思ったの。  その日以来、会うタイミングが何度かあって、  『こんにちは』って挨拶するようになったの。  私、視力があんまり良くないから、  その親子さんの顔とかははっきり見えなかったけど、  とっても明るくて素敵な感じがしたわ。  ほんのちょっと、会うのが楽しみにもなったの。  でね、今度はメガネを持って行ったの。  どんな親子さんなのか見たいな、って思って。  その日もばっちりタイミングが合って、  いつものように『こんにちは』って挨拶して、  『あら、メガネかけてるの?素敵ね』(⌒-⌒)  なんて言われたり。  でね、初めてちゃんと見たの、その親子さんを。  お母さんは雰囲気通り、明るくってかわいいお母さん。  お子さんは、  ベビーカーに乗るには少し大きい子かな?って思った。  その時、ベビーカーに積んである緑色のボンベが見えたの。  あと、そのボンベとお子さんをつなぐチューブ?かな。  私は、『ああ、そうだったんだ』、て思った。  でね、これは私の想像でしかないけど、  あの親子さんが辛いかどうかはわからないけど、  私よりもずっとずっと大変だと思ったの。  私の不平とか不満とかなんて何でもないくらい、  私よりもずっとずっと大変だと思ったの。  でも、私よりもずっとずっと、明るくて素敵なの。  私よりもずっとずっと、輝いてるなって思ったの。  元気出さなきゃ って思ったの。    元気貰えたな って思ったの。  そしたら同時に、  ふっ、、と思ったの。    人に元気をあげられるって、いいな・・・って。  でね、でね、  自分も頑張ろ、って元気をくれるような箱。  箱にとって過酷な環境で運ばれたであろうに、  届いた荷受人さんに素敵な笑顔をくれるような箱。  あの親子さんみたいな眩(まばゆ)い箱。  そんな箱、できないかな~ ( ̄ヘ ̄)ウーン って。』  おしまい。 (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************************************** ★★★ 今月のがんばれ舛掛(ますかけ)くん★★★ 珍しく編集長の文章に胸を打たれた舛掛です。 普段とテイストが違いすぎて、 ここに書くべきことも見当たらない状況。 どこか温かい気持ちが舞うような気がしたので、 春の芽生や生命の息吹が伝わるような、 新しいデザインダンボール箱をご紹介いたします。 宅配50サイズ 花さんぽ https://www.bestcarton.com/cardboard/box/0414.html 宅配60サイズ 花さんぽ https://www.bestcarton.com/cardboard/box/0415.html 宅配80サイズ 花さんぽ https://www.bestcarton.com/cardboard/box/0416.html 温かいって大事だなあと思います。 自分の内側から作れるものでもありますし、 温かさが重なり合えば、毎日が春のように、 新鮮で明るい、そんな日々が送れるような気がして。 以上、舛掛でした。 (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п **************************************************     【編集後記・へんしゅうこうき】 この二人が一瞬だけ妄想した箱は、 たぶんできません。 正確には、それを物理的機能とすることは、 たぶんできません。 だから、これを商品開発の表向きのベースに しようとする人は少ないかもしれません。 居ないかもしれません。 でももし、 そんな箱を作りたいと誰かが本気で思い、 その想いを一瞬では無く持続し続ければ、 それと同じか、それに近い効果のある箱が、 または別の形でそれ以上の効果のある箱が、 できるやもしれません。 できるやもしれない、と思いたい。 ・・・と、思いませんか? いつだったか、 私たちは自分の仕事や商品を、 どこまで愛せるだろうか? どこまで愛しきれるだろうか? と考えてみた時があって、 いくら考えても答えらしきものが出なくて、 『もう考えるのや~めた』と思ったその瞬間に、 なぜか頭に浮かんできたこの二人の妄想を "なんとか言語化してみよう" と思い、今号をつづり始めました。 このメルマガでは時々、 オチや答えを読者様に委(ゆだ)ねてしまう、 というお茶目な"癖"があります (´~`ヾ) どうやら今号はその癖が出てしまったようです。 ただこの二人は、 仕事を、箱を、愛してるみたいですね。 それと、 某巨大通販サイトの"ニヤ"っと笑うマークのあの箱は、 彼女の妄想とは全然違いますから・・・。 あなたも、妄想記念館で記念写真、撮りませんか。 最後までお読み下さりありがとうございました。 m(__;)m 2月某日 メルマガ編集長 やまぎし __________________ ■メルマガ今号へのご感想、ご意見、ご不満、応援などは、  このままご返信下さればOKです。 ┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┏╋┏  株式会社アースダンボール ┏┏■  362-0811 埼玉県北足立郡伊奈町西小針7丁目17番地 ┏         TEL:048-728-9202 FAX:048-728-9130 ┃         mail:info@bestcarton.com ┃    http://www.bestcarton.jp/ (オーダーメイド) ┃    http://www.bestcarton.com/ (既 製 品) ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■このメルマガのテイストがそのままツイッターになりそうな気配。  "振り向けば箱職人" はこちらです↓↓ フォロワーさん募集中! https://twitter.com/hakoshokunin ■メルマガバックナンバーがWEBページになりました。 "過去号を全部見たい"という方はこちらのページへどうぞ↓↓ http://www.bestcarton.com/profile/magazin/#BackNumber ■メルマガ不要の場合は、こちらのURLから解除下さいませ。 https://plus.combz.jp/connectFromMail/leave/yapb8775

次のメルマガへ:2018年3月号 あの日、バレンタイン■アースダンボールメルマガVOL52 番外編■
前のメルマガへ:2018年1月号 叱られて パート2 ~後編~■アースダンボールメルマガ VOL50■

バックナンバー一覧に戻る

ダンボール品揃え最多・ご注文累計100万件以上 創業67年

お気に入りを見る

会員登録することで、
お気に入り機能(一覧、グループ化、追加、削除)を使うことができます。

会員の方はログインをお願いします。

会員ID(メール)
パスワード
 
パスワードを忘れた方はこちらから

会員以外の方は会員登録をお願いします。

会員登録画面へ

×