1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. 箱職人のメールマガジン
  3. 2018年5月号 アースダンボール・ストーリー~創業編~■メルマガVOL54■

アースダンボール・ストーリー~創業編~■メルマガVOL54■2018年5月号

テレビ放送されるような企業歴史は確かにおもしろい。 でもあなたは自分の会社の歴史がどれほど素敵なのか、 知らないだけなのかもしれない(創業者は別・・・)。 これは、アースダンボールのメルマガが 発行50回を突破した記念配信プロジェクトの第二号。 普通、○○回記念などの場合は、 "読者様への感謝の意を込めて"、なんてうたうのに、 ここぞとばかり、 自分がやりたいプロジェクトを進めてしまう私たち。 (私達じゃなく私か・・・) いや、むしろ感謝の意を込めてるからこそなんです! なぜなら、なんだかんだで、 読者様もそう望んでらっしゃるようだから・・・ (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************************************** 前号までのあらすじ↓↓ https://www.bestcarton.com/profile/magazin/2018-apr.html 前号でご紹介した、 世界唯一のアメリカ本土空爆を成した奥田省二さんは、 奥田敏光現社長の従伯父(じゅうはくふ)にあたる。 そして今回登場して頂く人物は、 奥田敏光現社長の祖父であり、奥田省二さんの叔父、 その人の名が 奥田重治郎(じゅうじろう)さん。 (細かな親戚図は頭がこんがらがるので、 今回は現社長のおじいちゃん、とだけにしましょう)( ̄ ̄;) この人が、アースダンボールの前身を作った人です。 _________________ 始まりは東京荒川区。 奥田省二さんがアメリカ本土空爆を成したその時代から さらに逆のぼる戦前より、 奥田重治郎はここでスリッパ製造工場を経営していた。 その社名も「東京スリッパ」!! (゜Д゜)(゜Д゜)(゜Д゜) ええ!? あの会社って、元々はそうだったの?? という "創業あるある" がここにもあった。 なんとアースダンボールの前身はスリッパ屋さん!! 実はスリッパは東京で発明されたものらしい。( ̄‐ ̄〃) しかしそのスリッパ工場も強制疎開(強制立ち退き)の対象になり、 重治郎は実家のある埼玉県新座市(にいざし)に、 工場を捨てて戻らなければならなかった。 その後、その工場は空襲で焼け、やがて終戦・・・。 沢山の大切な人を失い、物を失った日本だった。 でも、魂だけは失わなかった。 その魂がここにもあった。 何も無くなった中、重治郎は偶然あるものを見つけた。 それは、 アメリカ軍の物資輸送に使われて廃棄された厚紙の箱。 その箱を見て重治郎は今までの習慣で、 "スリッパの芯に使える" と思って拾ってみた。 触ってみると、それは思いのほか丈夫な厚紙だった。 その時、重治郎の中で、 今風に言えば何かが"ビビビっと" (え?もう死語ですか?) まあとにかく、ビビビでもピーンでも、キタ! っていう雰囲気だったかどうかはわかりませんが、 (たぶん違いますね。もっと神聖な瞬間です (ーー;)) 重治郎はそれを再加工して箱を造り、それを売る"箱屋"を始めた。 ____________ アメリカ軍の破棄箱を見つけた瞬間。 それはアースダンボールの原形が誕生した瞬間だった。 重治郎さんと廃棄箱の出会い。 もしこれが無ければ、 アースダンボールがあなたに箱を届けることは無かった。 そう、 あなたが慕ってやまない?うちの推しスタッフに会うことも(-_-) あなたが苦笑いしながらお待ちのこのメルマガに会うことも(-_-) あなたが弊社から箱や商品をご注文頂き、 その届いた商品に同梱されているアンケート用紙の "アースダンボールを選んだ理由は?"の選択回答で、 "社長の顔がよかったから" という欄に花丸や五重丸を付け、 『これ、ゴマすり回答入ってるよね(笑)』 と、うちのスタッフ達を笑わせて下さったり( ̄ω ̄;) あなたがアースダンボールにお電話を下さり、 以前どこかでお買いになった他社様の商品名をおっしゃりながら 『これ注文したいんだけど』と一生懸命ご説明下さった後、 『おそらく他社様でご購入された箱でしょうかね~』(〃´o`〃) というアーススタッフのはにかむ声に、 『あれ?間違っちゃった~。  てっきりアースさんで買ったと思ってたよ~。ごめんね~  どうせだから、なんか近いサイズ無い~??』♪( ̄▽+ ̄*) 『それでしたら、こちらはいかがですか~?』(・_-)/ という、アーススタッフの天使のような電話対応に、 『ちょうどいいねえ。じゃあ、それにするよ~』o(〃^▽^〃)o といった、"そんなんあるわけないじゃ~ん" という、 嘘のような本当の楽しい展開を実際にしてしまうことも、(ーヘー;) あなたが、あなたがああ、ε= ε= ε=ヾ(;~o~)ノ こ、この辺にしておきましょう、 それらすべてが無かったわけです。ええ、そうですとも。 その運命的な出会いの後、アメリカ軍の廃材を原料として、 それにクラフトの表紙を手作業で貼ってきれいな厚紙を作り、 オーダーメイドの厚紙の箱に加工して販売していたのです。 これがアースダンボールの始まりだった。 つづく。 (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п **************************************************     【編集後記・へんしゅうこうき】 なぜだろう? こうして編集をしていたら、 入社してから今までの、仲間やお客様との、 楽しかった思い出や、時に辛かった思い出たちが、 走馬灯のように次々とフラッシュバックしてきた。 今は走馬灯が似合う場面じゃないんだが・・・。 これが、 歴史の深さを知ると今を知る、ってことかなあ? イチ企業の歴史って、 興味ない人には全くないし、面白くもなんともない。 自分も、ある角度からは今もそう思っています。 それを、 どう伝えたらあったかくなるか。 どう伝えたら絆が生まれるのか。 どう伝えたら自分達を誇れるか。 難しそうだったのでチャレンジしてみようと思いました。 ただそれには、これまでにできた私の"編集長像"が ちょおっと邪魔で・・・ (あ、いや、その、なんていうか、すみません、)(⌒_⌒; 今までの編集長テイストを抑えつつ、 でも楽しくもあったかくもしたくて、 でも歴史の素敵さもお伝えしたくて、 色んなことが結局うまく言えなくて、 そんな編集長の困惑、格闘っぷりも想像しつつお読み頂くと、 より一層楽しめる号に仕上がっております。 (上手くいかないのを逆手にとったな・・・)σ( ̄、 ̄=) 次号は、 創業後のアースダンボール、激動の昭和編、 をお届け予定です。 あ、そうそう、 アースダンボールのツイッター、軽やかに運行中です♪ メルマガ編集長が、メルマガには書けなかったネタなどを あかしちゃってます。ぜひ、フォローおば・・・↓↓ https://twitter.com/hakoshokunin __________________ あなたにも、あなたの会社にも、 きっと素敵な歴史があることでしょう。 良かったらぜひ聞かせて欲しいです。 お寄せ頂いた歴史の中から1名様に、 『あなたの会社の素敵な歴史大賞!!』を プレゼントさせて頂きます。 (最後の最後でやっと感謝企画らしくなってきましたね)。 長くても短くてもぜんぜんオッケー! ご応募はこちらのページからどうぞ↓↓ https://plus.combz.jp/enquete/form/@Cc0t1BAAm_6zkvr7wx/ もしくは、このメールへそのままご返信でもOKです。 今号も最後までお読み下さりありがとうございました。 m(__;)m 5月某日 メルマガ編集長 やまぎし ________________ ■メルマガ今号へのご感想、ご意見、ご不満、  応援メッセージなどは、このままご返信下さればOKです。 ┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┏╋┏  株式会社アースダンボール ┏┏■  362-0811 埼玉県北足立郡伊奈町西小針7丁目17番地 ┏         TEL:048-728-9202 FAX:048-728-9130 ┃         mail:info@bestcarton.com ┃    http://www.bestcarton.jp/ (オーダーメイド) ┃    http://www.bestcarton.com/ (既 製 品) ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■メルマガバックナンバーがWEBページになりました。 "過去号を全部見たい"という方はこちらのページへどうぞ↓↓ http://www.bestcarton.com/profile/magazin/#BackNumber ■メルマガ不要の場合は、こちらのURLから解除下さいませ。 https://plus.combz.jp/connectFromMail/leave/yapb8775

次のメルマガへ:2018年6月号 復刻!もしものコーナー■アースダンボールメルマガVOL55番外編■
前のメルマガへ:2018年4月号 アースダンボール・ストーリー~創生編~■メルマガVOL53■

バックナンバー一覧に戻る

ダンボール専門店最大の品揃え・ご注文累計100万件以上 創業67年