1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. 箱職人のメールマガジン
  3. 2018年8月号 ハートの修理課■アースダンボールメルマガVOL57■

ハートの修理課■アースダンボールメルマガVOL57■2018年8月号

私の名前はルーシー。 アースダンボールの社員になって5年目になるわ。 実は、私にはちょっとした秘密があってね・・・ 配属されている部署がちょっと変わってるの。 私の配属部署は・・・"ハートの修理課"(゜o゜) 聞いたこと無い部署でしょ・・・? (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************************************** ハートの修理っていっても、 私は心理学者でもカウンセラーとかでもないの。 かなり普通の女の子よ。自分ではそう思ってる。 でね、私の"表向き"の配属部署は 業務部 (*´∀`*) お客様対応とか事務作業が中心のお仕事なの。 "ハートの修理課"は社長の秘密の勅命なのよ。 まるで『特命係長 只野仁(タダノヒトシ)』ね。( ̄ー ̄)bグッ あ、ごめんなさい、ちょっと古いかしら(^_^;) 結構好きなのよ、高橋克典さん!! (´ε`*) まあ、それはいいとして、 "ハートの修理課" への配属になる前のある日、 うちの(アースダンボールの)奥田社長が 私にこう言ったの・・・ 社長:『ねえ、ルーシー、君って、持ってるよね・・』(^_^) 私 :『え? 私が持ってる・・・? 何をですか?』(・_・?) 社長:『お客様の心がわかる目(心)、っていうか、』( ̄∇ ̄☆) 私 :『ええ? なんですかあ? それ。     みんなと、同じじゃないですかね?』(・_・?) 社長:『ううん、、君のは、なんかちょっと違うみたい。     なんていうか、ハートの傷がわかる、みたいな』(-_-) 私 :『ええ? ハートの傷、ですか・・・?     そう、でもないと思いますけど・・。     やっぱりみんなと、同じですよ~』(〃⌒∇⌒) 社長:『そうかなあ。 例えばあの時だってさ・・・』(-_-) 私 :『あの時・・・・・・・・?』(○ ̄~ ̄○;) _______________ あの時、それは、この会話の半年ほど前のこと。 それはごく普通の一件のお問い合わせだったの。 "今使っている梱包資材のコストを今より下げたい" っていうお問い合わせは、毎日のように頂く。 その中の一件だった。 そのお客様からある程度の状況をお聞きして、 うちで扱っている商材を見渡してみて、価格を見て。 パッとみだけど、そのお客様のご希望のコストまでは サクッと対応できなさそうだったの。( ̄ヘ ̄) まあそれはそうなんだけど、なんていうかそのお客様、 焦ってる感っていうか、 ;´Д`) せっぱつまってる感っていうか、 ;´Д`) "コストを下げなきゃ"っていう気持ちだけ前に出て、 ちゃんとした状況を伝えてもらえてない気がしたの。 それで、思い切って聞いてみたの・・・ 『状況、そんなに大変なんですか・・・?』って。 そしたら、会話の雰囲気が少し変わってね、 クライアントさんからの強い要望があるとか、ε=(‐ω‐;) 上司から毎日キツ~イ指示が降りてくるとか、ε=(‐ω‐;) ろくな引き継ぎもなく前任者が退職したとか、ε=(‐ω‐;) とっても大変だっていう気持ちを話してくれたの。 それから、梱包の状況とか現場の方の声とかもね。 私は具体的な内容とかお客様の気持ちまで全て感じたまま、 うちの(優秀な)オーダーメイド対応担当に引き継いだの。 そしたらその(優秀な)オーダーメイド担当者がね、 見た目の数字やら価格は下げられなかったけど、 今よりも生産効率をUPさせる方法を提案してくれて、 結果的に、コストを下げたいという当初の希望よりも 効果の高い改善ができた \(^▽^)/ って、 クライアント様にも上司にも言って貰えたって、 そのお客様、とっても喜んでくれたわ。 ______________ 社長:『そうそう、それそれ。     あの時は僕も嬉しかったんだよな~』( ̄ー ̄) 私 :『ありましたね、そんなことが・・・』(^^) 社長:『それからほら、あんなこともあったよね?』( ̄o ̄) 私 :『あんなこと?まだなんかありましたっけ?』(・_・?) ______________ そのお客様から頂いたお問い合わせは、 "今お願いしているダンボール箱の業者さんに 『もう箱を作れない』と言われてしまった。 今と同じ箱が作れる会社を探している" (-д-;) っていう内容だったの。 内容を聞いてみると生産には全く問題なくて、 コストも今と同じくらいでできそうだったの。 これだけ見ればうちにとってはいい話。 いい話、なんだけど・・・(; ̄ー ̄) そのお客様の声、何かちょっと寂しそうだったのよ。(´・ω・`) でね、やっぱり聞いちゃったの、 『もし差支えなければ、箱を作れないって言われた理由、  聞かせて貰えませんか・・・?』って。 まあ勿論、箱の更なる改善の糸口にもなればと思ってね。 そしたらね、ちょっと意外そうな反応だったけど、 その業者の担当者とちょっとした行き違いがあって、(´・ω・il) それが原因でお互いに引くに引けなくなっちゃって、(´・ω・il) つまらない意地張っちゃったよ、・・・・・・・・、(´・ω・il)。 って、話してくれたの。 そして一通り話し終わると、 『ごめん、アースダンボールさん、ルーシーさん、だっけ。  もう一度、前の業者とちゃんと話してみるよ。  あなたにも、時間をとらせちゃってごめんね。  それと、話聞いてくれてありがとう・・・』 って言ったの。 そんな訳でその時に箱はうちで買ってもらえなかったけど、 その半年後くらいにそのお客様からまたご連絡を頂いてね、 なんでも今の取引業者さんでは作れない箱の案件があって、 その箱の生産オファーを頂いたの。 それから、その業者さんとは今でもお取引が続いてるって、 あの時はありがとうって、言ってくれたの。 _____________ 私 :『ああ、ありましたね~、そんなことも。     それで、それが、私が"持ってる"ってことなんですか?』(・_・?) 社長:『ううん、持ってるっていうか・・・σ( ̄、 ̄=)     こういう仕事してると、いろんな問い合わせがあってさ。     僕もある時ふと思ったことがあるんだけどさ、     問い合わせてくれるお客様の中には、箱の事だけじゃなくて     その箱の事で"ハートが傷ついてる"人も居るんだなって。     しかも、箱を解決できてもハートの解決にはならなかったり。     それが見えた時、どうするかとかどうすべきかとか、     その答えは、実は今でも無いんだけど。     でももし、そのお客様がうちと関わることで、     箱の問題と一緒に傷ついたハートも少しでも良くなるなら、     最高、だなって・・・』(´-`).。oO 私 :『ううん、、、それでハートの修理課、なんですね・・・。     でも、課の名前がちょっとはずかしい、かな(〃'∇'〃)』 社長:『や、やっぱりダサイ・・・? ( ̄、 ̄=)』 私 :『え、ええ、しょ、正直かなり、da・sa・i・・・(^^;)』 完 (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п **************************************************     【編集後記・へんしゅうこうき】 あなたはルーシーのような対応、どう思いますか? っていうかルーシーみたいな人、どう思いますか? ここでは、ビジネス上での正しさとかセオリーとかを 問うたりはしておりません。 (っていうかそんなことできましぇん・・・)(〃 ̄ω ̄〃) 接客や対応には、好き嫌いもあるとは思いますが、 そうですね、今号を一言でいえば、 人間っていいな、、、人間、だなあ~。 って感じです。 あなたがもしアースダンボールに問い合わせた時、 『は? なんでそんなこと聞くの・・・?』 という場面があったらそれは、 そのスタッフの隣りに特命係のルーシーが居るのかも、 しれません。 今号も最後までお読み下さりありがとうございました。 m(__;)m 8月某日 メルマガ編集長 やまぎし ________________ ■メルマガ今号へのご感想、ご意見、ご不満、  応援メッセージなどは、このままご返信下さればOKです。 ┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┏╋┏  株式会社アースダンボール ┏┏■  362-0811 埼玉県北足立郡伊奈町西小針7丁目17番地 ┏         TEL:048-728-9202 FAX:048-728-9130 ┃         mail:info@bestcarton.com ┃    http://www.bestcarton.jp/ (オーダーメイド) ┃    http://www.bestcarton.com/ (既 製 品) ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■このメルマガのテイストがそのままツイッターになりそうな気配。  おかげさまでフォロワーさん5000人様超えへm(__)m  "箱職人 アースダンボール" はこちらです↓↓ フォロワーさん募集中! https://twitter.com/hakoshokunin ■メルマガバックナンバーがWEBページになりました。 "過去号を全部見たい"という方はこちらのページへどうぞ↓↓ http://www.bestcarton.com/profile/magazin/#BackNumber ■メルマガ不要の場合は、こちらのURLから解除下さいませ。 https://plus.combz.jp/connectFromMail/leave/yapb8775

次のメルマガへ:2018年9月号 あ・ば・よ ~Good Bye~ 前編■アースダンボール メルマガVOL58■
前のメルマガへ:2018年7月号 アースダンボール・ストーリー~激動編~■メルマガVOL56■

バックナンバー一覧に戻る

ダンボール品揃え最多・ご注文累計100万件以上 創業67年

お気に入りを見る

会員登録することで、
お気に入り機能(一覧、グループ化、追加、削除)を使うことができます。

会員の方はログインをお願いします。

会員ID(メール)
パスワード
 
パスワードを忘れた方はこちらから

会員以外の方は会員登録をお願いします。

会員登録画面へ

×