1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. 箱職人のメールマガジン
  3. 2017年10月号 箱、開けちゃダメ ~後編~■アースダンボールメルマガ VOL47■

箱、開けちゃダメ ~後編~■アースダンボールメルマガ VOL47■2017年10月号

翔太と美里は幼なじみで家も隣同士。 野球一筋の翔太は甲子園出場が夢で、美里はその応援役。しかし、 翔太は地元の県立高校、竜泉(りゅうせん)高校の野球部へ、 美里は私立の強豪、常風(じょうふう)高校の野球部マネージャーへ。 そして高校3年生の夏、甲子園をかけた県大会決勝で両校がぶつかった。 (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************************************** 前回までのあらすじ↓↓ https://www.bestcarton.com/profile/magazin/2017-sep.html 二人にはある約束があった。それは二人がまだ中学生の時、 美里が翔太へ誕生日プレゼントで渡した小さな箱。 『甲子園に行くまで、この箱、開けちゃダメ・・・』。 翔太は高校の二年間で甲子園出場を果たせなかったが、 この約束がここまでの翔太を支えてきた1つでもあった。 そして最後の夏、決勝の相手は美里のいる強豪、常風高校。 『プレイボール!!』(ウウウウウウウウ~~~~~) いよいよ決勝戦が始まった。 試合は序盤から膠着状態、両エースの意地の投げ合いが続き、 8回まで両校無得点で進むも、9回表、遂に常風高校が1点を挙げた。 そしてその裏の竜泉高校の攻撃も既にツーアウトとなり、 常風高校勝利まであと一人の場面、打席に入ったのは翔太だった。 翔太は3塁線を破るツーベースヒットを放ち、望みをつないだ。 2塁ランナーの翔太が帰れば同点、試合は振り出しへ戻る。 そして、次のバッターの打球は1-2塁間を破った!! 翔太は3塁を蹴って一気にホームへ向かった!! 翔太は頭からホームに滑り込んだ! 常風キャッチャーも懸命のタッチ! そのクロスプレーに、一瞬、球場全体が静まり返った・・・・ 『アウト! アウトお~!! ゲームセット!!』 その時、翔太はなぜか相手ベンチの美里を見た。 美里も、ベース上で起き上がれない翔太を見た。 球場全体が歓喜の中、二人の時間だけがほんの数秒、止まった。 翔太は遂に甲子園に行けなかった。あの箱は、開けられなかった。 その年、甲子園に出場した常風高校は、全国制覇を成し遂げた。 (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************************************** 高校卒業後、翔太は進学せずに家業を継いだ。 美里は・・・高校卒業後の翌春、翔太のお嫁さんになった。 二人の結婚はとても自然な出来事で、翌年には子供にも恵まれた。 あの箱は、押入の奥に他の品と一緒にひっそりとしまわれ、 少しづつ二人の記憶から消えて行った。 ________________ 数年が経ち、あの箱の事もほとんど思い出さなくなった頃、 運命の神は、野球の神か?いや箱の神か? とにかく何かが、 またもや二人に新たな運命を仕掛けてきた。 翔太に、あの箱を開けるチャンスがもう一度やってきたのだ。 もう一度、甲子園に行けるチャンスがやってきた!! それは、マスターズ甲子園。 マスターズ甲子園とは、 各高校の野球部出身者で世代を超えたOBチームを結成し、 各県ごとに予選を行い、優勝チームは甲子園球場で試合ができる、 2004年から開催されているれっきとした全国大会だ。 今年、翔太の出身校の竜泉高校はこの大会への出場を決め、 翔太にもチーム参加のオファーが舞い込んだのだ。 しかも、美里の出身校の常風高校も大会参加を決定し、 美里にもマネージャー参加のオファーが舞い込んだ。 ああ神様、、本当になんなんやねん・・・? ずいぶんと粋(いき)なことしてくれるやないけえ!! 二人の心が、月日を飛び越えて一気にあの頃に舞い戻った。 『ねえ、翔ちゃん、もちろん、やるんでしょ!?』 『美里も、もちろんやるだろ!?』 翔太は荒々しく押入を開け、ガサガサとあの箱を取り出した。 『あったあった、これ、この箱!今度こそぜってえ開ける!』 美里はその姿を微笑んで見つめていた。 (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************************************** マスターズ甲子園の予選出場チームはそんなに多くはない。 竜泉OBチームと常風OBチームは順当に決勝へ勝ち進んだ。 いよいよ決勝戦の試合前、二人はあの日を思い出していた。 照りつける夏の太陽、土とライン石灰のにおい、スタンドの歓声、 爆発してしまいそうな高揚感と凛とした静寂・・・ 試合後に悔しくて号泣した翔太・・・ そんな翔太を想って号泣した美里・・・ 二人の中に、それらが脈々とよみがえってきた。 今、二人は楽しくて愉しくて仕方がなかった。 勝ち負けなんかどうでもいいくらい、今、二人は幸せだった。 _____________ 翔太以降の代も、竜泉高は何度も常風高に甲子園を阻まれた。 マスターズの予選は一発勝負の高校生の予選とは違い、 たいていは和気あいあいとした試合風景になることが多い。 しかし、その苦汁を飲まされてきた竜泉OBチームは リアルガチの本気で常風チームを倒しにかかった。 結果、15対3の圧倒的スコアで竜泉高校OBチームが優勝! 翔太は14年越しで甲子園出場の夢を果たした。 二人の約束に時効が無ければ、翔太は箱を開ける権利を得た。 試合後、翔太と美里はグラウンド上でしばしの会話をした。 『翔ちゃん、おめでとう。甲子園、行けるんだね。』 『うん、やっと、やあっと甲子園の夢を果たせた。』 『それで、あの箱、どうするの? 開けてみる?』 『うん、っていうか、今ここに持ってきてる・・・  開けても、いいの?』 『もちろん、だって時効とか設定してなかったし。  ただ、こういう結果は想定外だったけどね・・・  でも今開けられると、ちょっと恥ずかしい・・かな、  あの頃、勢いで作っちゃったプレゼントだったから』 『そっか・・・。実は、俺も色々考えたんだけどさ、、、  この箱、開けないでいようと思うんだ』。 『え、なんで? 私は別に、っていうかむしろその方が・・』 『俺、高校の時、甲子園いけなくてすっげえ悔しかったけど、  あの約束の箱のおかげで、3年間頑張れたのかもしれない。  そして今、こうやって最高の時間を過ごせてる。  美里もいつも隣にいる。もうこれ以上の幸せなんかないよ。  箱の中身が何であっても、俺は今、最高に幸せなんだよ。  だから、ね。もし、箱を開ける権利に期限が無いならさ、  人生の終わり頃まで、開けずにいようと思うんだ』。 『そっか、うん、、いいよ。翔太がそう決めたなら・・・』 箱なんて、 中身を入れてナンボ、蓋を開けてナンボ、 な道具です、だいたいはね。 でも、開けたくても開けられない、むしろ開けない方がいい、 そんな箱も、あるんです。 この二人がつむいだ青春のように。 おしまい (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************************************** ★★★ 今月のがんばれ舛掛(ますかけ)くん★★★ こんな展開に持ってこれるんだ(笑) と思ってしまう内容で、 そういえば昨日、 いきなり立ち上がったと思ったら、 すごい勢いで腕をぐるんぐるん回して、 イチローの真似していたのは この話を思いついたんだ、 ってことに気が付いて、 笑いを堪えるのが大変でしたね。 ・・・そういえば、アースダンボールは決算月ということで、 今月限定のキャンペーンを開催しております! な、なんと、10月中にアースダンボールの商品を ご購入いただいたお客様の中から抽選で、 20名様に5,000円分のギフトカードをプレゼントいたします! ↓↓ 詳細はこちら ↓↓ https://www.bestcarton.com/profile/pastinfo.html この機会に、梱包資材をご検討いただけますと幸いです。 梱包資材なら、アースダンボールで! 以上、舛掛でした。 (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п **************************************************     【編集後記・へんしゅうこうき】 これは、スポコン短編小説ではありません。 これは、スポーツが舞台の恋愛小説でもありません。 ダンボール箱屋さんとして、 ダンボール箱とは何なのか? 箱には一体何ができるのか? を、考察・研究した、その一端なのです。(たぶん・・・) 翔太と美里の"オチ"に、納得できる・できない投票にぜひご参加下さい! 投票ページはこちらです↓↓ https://plus.combz.jp/enquete/form/@Aco3pBAAm_tm907p88/ 最後までお読み下さりありがとうございました。 m(__;)m 10月某日 メルマガ編集長 やまぎし ■このメルマガへのご意見、ご要望、つぶやき、企画リクエスト、 応援メッセージなどは、このままご返信下さればOKです(。-_-。)ノ ┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┏╋┏  株式会社アースダンボール ┏┏■  362-0811 埼玉県北足立郡伊奈町西小針7丁目17番地 ┏         TEL:048-728-9202 FAX:048-728-9130 ┃         mail:info@bestcarton.com ┃    http://www.bestcarton.jp/ (オーダーメイド) ┃    http://www.bestcarton.com/ (既 製 品) ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■このメルマガのテイストがそのままツイッターになりそうな気配。  "振り向けば箱職人" はこちらです↓↓ フォロワー募集中!  https://twitter.com/hakoshokunin ■メルマガバックナンバーがWEBページになりました。 "過去号を全部見たい"という方はこちらのページへどうぞ↓↓ http://www.bestcarton.com/profile/magazin/#BackNumber ※メルマガ不要の場合は、こちらのURLから解除下さいませ。 https://plus.combz.jp/connectFromMail/leave/yapb8775

次のメルマガへ:2017年11月号 編集長解任の裁判、開廷■アースダンボールメルマガ VOL48■
前のメルマガへ:2017年9月号 箱、開けちゃダメ ~前編~■アースダンボールメルマガ VOL46■

バックナンバー一覧に戻る

ダンボール品揃え最多・ご注文累計100万件以上 創業67年

お気に入りを見る

会員登録することで、
お気に入り機能(一覧、グループ化、追加、削除)を使うことができます。

会員の方はログインをお願いします。

会員ID(メール)
パスワード
 
パスワードを忘れた方はこちらから

会員以外の方は会員登録をお願いします。

会員登録画面へ

×