テレビの正しい梱包・配送方法|メルカリで売却した際の配送方法も

家電製品・精密機械であるテレビは、配送時の破損リスクが高いアイテムのひとつです。オークションやメルカリでテレビを出品している方など、これからテレビの配送を行う予定があるけれども、テレビの梱包方法がわからない方もいるでしょう。

購入時のダンボールや緩衝材がなくても、身近な資材を用いて正しい梱包を行えば、安全に配送することができます。

今回は、テレビを安全に配送するための梱包方法と配送方法を紹介します。破損リスクを避けてテレビを安全に配送したい方は、ぜひ参考にして下さい。

 

1.テレビをダンボールで梱包する方法・流れ

配送業者を利用してテレビを送りたい場合は、他の荷物以上に手の込んだ梱包を行う必要があります。梱包に必要な準備物と、テレビをダンボールで梱包する方法・流れは下記の通りです。

■テレビの梱包に必要な準備物

○ダンボール

テレビを梱包するためのダンボールです。テレビの大きさを計り、近しいサイズのダンボールと、二重梱包用の一回り大きなダンボールを用意します。また、画面保護用のダンボールも必要となるため、別途用意しておきましょう。

○ビニール袋(大)

テレビの梱包において水濡れ対策は必須です。テレビ本体が丸ごと入る大きさのビニール袋を用意します。

○ビニール袋(小)

リモコン・コードなどの付属品を水濡れから守るためのビニール袋です。水濡れ防止のために必ず用意しておきましょう。

○緩衝材(気泡緩衝材・エアー緩衝材・新聞紙)

購入時の発泡スチロール緩衝材が残っていれば理想的ですが、ない場合はホームセンターなどで販売されている気泡緩衝材やエアー緩衝材を購入します。梱包時の隙間を埋めるための新聞紙も用意しておきましょう。

○ガムテープ・梱包テープ

ガムテープ・梱包テープは梱包作業に必須のアイテムです。緩衝材を固定したり、ダンボールに封をしたりする際に用います。

■テレビを梱包する方法・流れ

1.掃除・付属品の取り外し

テレビはホコリなどで汚れていることが多いため、梱包に取り掛かる前にホコリを除去してタオルなどで乾拭きしておきます。続いて、コード・台座などの取り外し可能な付属品を取り外します。

2.コードをまとめる

取り外せないコードは、梱包時に邪魔にならないように結束バンドやマジックテープなどを用いてまとめておきます。

3.付属品をビニール袋で包む

水濡れ対策として、リモコン・コードなどの付属品をビニール袋で密封します。

4.テレビ本体をビニール袋で包む

付属品と同じく、テレビ本体をビニール袋で密封します。

5.テレビ本体の画面を保護する

テレビ本体の画面は特に破損が心配な箇所であるため、テレビの大きさに合わせてカットしたダンボールを梱包テープで画面に貼り付けて保護します。

6.テレビ本体を緩衝材で包む

画面を保護したテレビ本体を緩衝材で包んで保護します。テレビの脚の部分は運搬中に破損しやすい箇所となるため、緩衝材を使用して入念に保護しておきましょう。

7.ダンボールを組み立てる

梱包用のダンボールを組み立てます。強度を高めるために、中央部分を十字にガムテープで止めて、箱の両端もガムテープで止めます。

8.テレビ本体・付属品をダンボールに入れる

緩衝材とビニール袋で保護したテレビ本体と付属品をダンボールに入れます。テレビが配送中に動かないように、縦・横の隙間を緩衝材や丸めた新聞紙でしっかりと埋めておきます。蓋をしても動かないように、上方向の隙間も忘れずに埋めておきましょう。

9.一回り大きなダンボールに入れる

梱包したダンボールを、さらに一回り大きなダンボールに入れて二重梱包します。梱包時と同じく隙間を緩衝材や新聞紙で埋めます。

10.蓋をしてガムテープで止める

最後に蓋をして中央・端をガムテープで止めればテレビの梱包は完了です。

おすすめ梱包材

37インチディスプレイ用底抜けに強いA式段ボール(展示パネルも)
  • 224cm
  • 0106

37インチディスプレイ用底抜けに強いA式段ボール(展示パネルも)

標準的な薄型37インチのテレビが入るサイズで設計した箱。材質は一般的な段ボールでは一番丈夫なダブル段ボールのK6/WFという物を使用しています。また、上下とも蓋が完全に重なるように長く設計しているため底抜けしにくく緩衝効果も向上しています。37インチサイズのテレビに対応するように寸法を設定していますが機種によっては入らないこともありますので寸法の確認をお願いします。こちらの商品は注文を頂い

  • 単価 6,281.6円~(税込)
  • 1030×390×730(深さ)mm
    • 即日
    • A式
    • W/F8mm
52inchテレビ配送用物凄く大きいダンボール(立て看板発送に)
  • 276cm
  • 0111

52inchテレビ配送用物凄く大きいダンボール(立て看板発送に)

標準的な薄型52インチのテレビが入るサイズで設計した箱。材質は一般的な段ボールでは一番丈夫なダブル段ボールのK6/WFという物を使用しています。また、上下の蓋は長めに設計して20センチほど重なる仕様の為、中央でつき合わせになる箱よりも底が丈夫になってます。52インチサイズのテレビに対応するように寸法を設定していますが機種によっては入らないこともありますので寸法の確認をお願いします。

  • 単価 10,172.3円~(税込)
  • 1330×450×910(深さ)mm
    • 即日
    • A式
    • W/F8mm
小巻エアキャップ60(10m巻き)
  • 2029

60cm幅で使い易い定番人気緩衝材のエアキャップロール小巻タイプ

60センチ幅、10m巻きのエアキャップ(エアセルマット)ロール。透明度が高いため、商品を包んだ後も中身の確認が行えます。またカッターやハサミで簡単にカットでき、作業性が良いのも特徴です。商品を包む他に、箱の中の詰め物としてもお使いいただけます。小巻きタイプで1本から注文できる、定番人気商品です。

  • 単価 601円~(税込)
  • 600mm×10m
    • 即日

 

1-1.テレビを梱包する際のポイント

テレビを梱包して無事に送り先に届けるためには、いくつかのポイントを押さえて梱包を行う必要があります。

ここでは、テレビを梱包する際のポイントを3つ解説します。配送トラブルのリスクを避けるためにも、ぜひ参考にして下さい。

○精密機械であるため、水に濡れないように注意する

家電製品であり精密機械でもあるテレビは、配送中の悪天候などで水に濡れると故障の原因となるため注意が必要です。テレビ本体はもちろんリモコンなどの付属品に至るまで、水濡れ対策としてビニール袋で包んでから梱包するようにしましょう。

○ダンボールの中で動かないように固定する

テレビを梱包する際には、配送中の衝撃で故障しないように緩衝材などを用いることが基本です。しかし、固定していないと緩衝材を使用していても、故障の原因となる場合があります。

テレビを梱包する際には、隙間を緩衝材や新聞紙などで埋めて、ダンボールの中で動かないようにしっかり固定することも重要です。

○安全に配送したい場合は、購入時のダンボールか、専用のダンボールを使用する

テレビを安全に配送したい場合は、テレビの形状に合った購入時のダンボールを使用することがおすすめです。購入時のダンボールを使用することで、完成度の高い梱包を行うことができます。

購入時のダンボールがない場合は、サイズ・形式を指定できるオーダーダンボールを使用することもひとつの方法です。アースダンボールのオーダーダンボールであれば、1,000種類以上の抜型を利用したセミオーダーが可能であるため、検討してみることをおすすめします。

 

2.テレビを配送する際の方法

テレビを配送する際には、テレビのサイズによって適用される料金が異なる点に注意が必要です。サイズが大きいほど、配送料金も高くなります。

テレビの画面サイズは対角線の長さをインチで表示することが一般的です。実際の幅と高さを把握するためには、比較表を用いると便利です。

画面サイズ(対角線)
インチ センチ
19 48.26
24 60.96
32 81.28
40 101.60
50 127.00
画面サイズ(16:9)
インチ 高さ
19 42.10 23.70
24 53.10 29.90
32 70.80 39.80
40 88.50 49.80
50 110.70 62.30

上記は画面サイズであるため、実際のテレビの大きさを把握する場合はフレームの幅を考慮する必要があります。

以下では、テレビのサイズを踏まえたうえで、日本郵便・宅配便で配送する場合とメルカリでテレビを売却した場合の配送方法について解説します。

 

2-1.日本郵便・宅配便を使用する場合

ここでは、日本郵便・配送業者を利用してテレビを配送する際の配送料金を、小型・大型それぞれの場合に分けて解説します。

〇小型の場合
(条件:100サイズ以下・10kg以下のテレビを東京から大阪まで配送)
日本郵便 1,950円
佐川急便 1,496円
ヤマト運輸 1,500円

佐川急便とヤマト運輸がほぼ横並びの料金となります。日本郵便は小さな荷物であれば安価な傾向がありますが、テレビの場合は小型でもある程度の大きさがあり重量扱いとなるため、配送業者よりも割高となります。

〇大型の場合
(条件:160サイズ以下・25kg以下のテレビを東京から大阪まで配送)
日本郵便 2,670円
佐川急便 2,178円
ヤマト運輸 2,180円

大型の場合も同じく佐川急便とヤマト運輸が横並びであり、日本郵便が割高となります。特に理由がなければ、テレビを配送する際には配送業者を利用すると良いでしょう。

 

2-2.メルカリでテレビを売却した場合

メルカリでテレビを売却した場合は、メルカリとヤマトホームコンビニエンスが共同で提供している配送サービス「たのメル便」を利用することができます。

たのメル便は、自分で配送業者に依頼するよりも割高となりますが、下記のメリットがあります。

「たのメル便」のメリット

  • 梱包から発送まですべて任せることができる
  • 幅広いサイズに対応
  • 配送時の紛失・トラブル発生時のサポートを受けることができる

集荷依頼をして荷物を渡すだけであるため、テレビの梱包が難しい方や手間に感じる方におすすめのサービスとなっています。

料金については以下の通りです。

〇小型の場合
(条件:120サイズ以下・10kg以下のテレビを東京から大阪まで配送)
たのメル便 2,400円

配送業者に依頼する場合と比較すると、1,000円前後の上乗せで梱包の手間を省けるため、コストパフォーマンスには優れていると言えます。

〇大型の場合
(条件:160サイズ以下・25kg以下のテレビを東京から大阪まで配送)
たのメル便 3,400円

大型の場合は1,200円程度と少し割高となりますが、同じくコストパフォーマンスに優れています。メルカリでテレビを配送する多くの方が、たのメル便を利用している実績もあるため、メルカリでテレビを売却する場合には検討してみることをおすすめします。

 

まとめ

テレビを配送したいものの、購入時のダンボールや緩衝材は処分してしまっているケースは少なくありません。

身近な資材でも、ダンボールを配送することは可能です。しかし、テレビは高価な品であるため、配送時にトラブルが生じると大きなダメージを受けます。そのため、テレビを配送する際は正しい梱包方法をマスターすることが大切です。

これからテレビを配送する予定がある方は、不要なリスクを避けて無事送り先へ届けるためにも、ぜひ今回紹介した梱包・配送方法をマスターして下さい。

ダンボール専門店最大2800種類超え・ご注文累計100万件以上 創業68年 最短当日お引き取りも可能 幸せのダンボール

  1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. おすすめコンテンツ一覧
  3. ダンボールワンポイント記事
  4. テレビの正しい梱包・配送方法|メルカリで売却した際の配送方法も