1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. 箱職人のメールマガジン
  3. 2017年6月号 5000年ダンボール ~前編~■アースダンボールメルマガ VOL42■

5000年ダンボール ~前編~■アースダンボールメルマガ VOL42■2017年6月号

このお話の始まりは西暦2290年。今から約270年後の世界。 この時代、物流ツールとしてのダンボール箱は既になく、 むしろダンボール箱は骨董品として扱われていた。 既に世界中に現存するダンボール箱はほとんど無く、 状態の良いものは相当な高額で取引されることもあった。 そして2290年6月3日、1つのダンボール箱が あるオークションの目玉商品として出品された。 (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************************************** 『レディース & ジェントルメン!  皆様、大変長らくお待たせ致しました・・・  本日のメインイベント、最後の出品商品です!!!(ノ´▽`)ノ』  その商品は・・・(´-ω-`)  既に世界中で現存は数えるほどと言われています、  ディス、イズ、ダンボールバコおおおおお~~~!!(ノ゜ο゜)ノ (おおおおおおおおおお~~~!!・・・ざわざわざわ・・・)  では、改めてこのダンボール箱のご説明を致しましょう。  このダンボール箱の推定製造時期は、2017年前後。  今から約270年前の、平成時代のものです。  サイズは一抱えほどで、A式と呼ばれる形です。  テープという、当時スタンダードだった道具で封緘されています。  もちろん、保存状態は特Aランクの超上物!  しかも!! なんと箱の中身入り、誰かへのプレゼントのようです。  さらに!! この箱には、箱と同じ"紙"という素材に直筆で書かれた  "手紙"も添えられています。  さあみなさん、、、いかがでしょうか?  テープ封緘あり、未開封、プレゼント商品入り、直筆の手紙付、  そして、この保存状態・・・・  もちろん、国際骨董ダンボール評議会の鑑定書付き。  歴史的にも、その価値は計り知れない逸品です・・・。  さあ、それではオークションをスタートします!! (ノ゜д゜)ノ  開始価格は500万円から!  それでは、スタート!!! ∑(`□´) 』 『500万!』ヽ(゜ロ゜;) 『1000万!』Σ(`0´*) 『1500万!』(≧□≦*) 『1800万!』(^∇^;) ・・・・・・・ 『2300万!!!』(゜┏Д┓゜;) 『2500万!!!!』(o;TωT) ・・・・・・・・・・・・・・ 『さあ皆さん、2500万円です、他に、いらっしゃいますか?  さあいかがですか? もう一声、、、ありますか~??』 ・・・・・・・ 『さんぜんごひゃくま~ん!!!』( ̄ー+ ̄) 『さ、、サンゼンゴヒャク・・・万円・・・  さあ、他に、他に居ませんか?いいですか?いいですね?  では、3500万円で落札!!! おめでとうございます!! (`・∀・´)ノ』 こうして、このダンボール箱はある組織に落札された。 (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************************************** 落札したのは、西暦2290年現在の日本の国家機関、 科学省・最先端科学超時空課のスタッフだった。 日本の国家機関がこのダンボール箱を落札したのは、 いや、落札しなければならなかったのは、訳があった。 この箱が日本の、人類の超時空における鍵となるアイテムを 含んでいるとの情報を出品前に独自入手していたからだ。 そして、国家最重要機密案件としてこのダンボール箱を落札した。 ________________ 厳重な警戒態勢の中、手紙が開封された・・・ (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************************************** 『私がこの手紙を書いているのは、2090年。  私は、間もなく齢(よわい)90才を迎えようとしている女性です。  そして、私の命もあとわずかになってしまったようです。  未来の方々、どうか、私のたった1つの願いを叶えてくれないでしょうか。  あれは2017年6月3日、私が17才の時でした。  両親は誕生日が二人とも6月3日で、その年も、  私は両親への誕生日プレゼントを用意しておりました。  しかし6月3日の当日、私は些細なことから両親と言い争いをしてしまい、  家を飛び出してしまったのです。雨が強く降る日でした。  そして、両親も私を追って家を飛び出し、家から1つ目の交差点を  走り抜けようとした時、酔っ払い運転の車が両親を巻き込み・・・  両親は、そのまま帰らぬ人となりました。  両親の誕生日は、両親の命日になりました。  それからというもの、私はその日の事ばかりを考え、  悔やんでも悔やみきれない苦しい日々が続きました。  しかし、そんな失意の日々の中、私は一つの答えを出しました。  それは、どうしてもあのプレゼントをパパとママに渡したい・・・  それを叶える方法はたった一つ・・・  タイムマシン。  タイムマシンであの日に戻り、あの事故を回避する・・・  私は、その後の人生の全てを、タイムマシン完成の為に捧げると決め、  その研究に没頭しました。結婚もせず、恋愛もせず。  しかし残念ながら、まだタイムマシンは完成していません。  そして、私の命も尽きようとしています。  未来の方々、どうかお願いです。  もしタイムマシンが完成していたら、2017年6月3日に戻り、  あの事故を回避して、このプレゼントを両親に渡してほしい。  このダンボール箱の中に、そのプレゼントと、  私のこれまでの研究の全てが詰まったディスクを託します。  あの日から、ずっと大事に保管していたダンボール箱です。  どうか、お願いします。  2090年 某日      ベアトリス・トドロキ 』 (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п ************************************************** 『・・・・・・・・・・・・・  やはり、やはりこれは、あのベアトリス博士が生前に残した、  都市伝説とさえ言われていた、あのダンボール箱だ!!  まさか、本当にこのダンボール箱が実在していたなんて・・・  ベアトリス・トドロキ博士、  タイムマシン理論と5次元理論(4次元+パラレルワールド)の第一人者。  タイムマシン完成に最も近い研究者と言われながらも、  なぜかその研究はほとんど表に出ていない、謎の多かった女性、、、  しかし亡くなる前、研究の全てをあるダンボール箱に託したという。  それが、このダンボール箱だ、、、間違えない、、、。』 次号へつづく (次号予告・・・  ベアトリス博士の研究をベースにタイムマシンを完成させた未来人が、  遂に2017年6月3日にタイムリープする・・・果たして?!) (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п **************************************************    ~~~ 新コーナー(4回目)~~~ ★★★ 今月のがんばれ舛掛(ますかけ)くん★★★ ねえ編集長、 これ・・・本当にダンボール箱屋さんのメルマガなんでしょうか? さ! 僕が現実に戻さなきゃ・・・ 技術の進歩により、 「近い将来、ダンボール箱をはじめとした、 紙製品は、どうなっていくんだろうなぁ。」 という思いを常々感じています。 無意識のうちに"ダンボール箱は必要なもの" という認識が心のどこかにある気がします。 この認識も、いずれは変わってくるのでしょうか。 けれど、アースダンボールがある以上、ダンボール箱の在り方をより高めて、 みなさんのご希望に沿ったダンボール箱をご提供できればと思います。 有りそうで無かった、こんな箱を開発してみました。 --------------------------------------------- ID:0340【マネージングボックス】 https://www.bestcarton.com/cardboard/box/0340.html ID:0341【マネージングボックス(白)】 https://www.bestcarton.com/cardboard/box/0341.html --------------------------------------------- 文書や衣類など、保管のマネージメントにオススメの一品です。 取り出しやすいように、取っ手付きの中敷きも付属しております。 お時間がある際に、ご覧いただけますと嬉しいです。 それでは、お邪魔しました。 (´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п(´o`)п **************************************************     【編集後記・へんしゅうこうき】 遂に、このメルマガも未知の領域へ踏み込んでしまいました。 スタッフ書き下ろしの完全オリジナルストーリー。 この先、 あなたが使うダンボール箱は、どう変化していくのでしょう? アースダンボールは、どうなっていくのでしょう? このメルマガは、どこへ行こうというのでしょう? (うちの社長は、一体何を考えているんでしょう・・・(-"-; ?) 若干のシリアス感 & SF感 & 苦笑感 を残しつつ、、、 最後までお読み下さりありがとうございました。 m(__;)m 6月某日 メルマガ編集長 やまぎし ■このメルマガへのご意見、ご要望、つぶやき、企画リクエスト、 応援メッセージなどは、このままご返信下さればOKです(。-_-。)ノ ┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┏╋┏  株式会社アースダンボール ┏┏■  362-0811 埼玉県北足立郡伊奈町西小針7丁目17番地 ┏         TEL:048-728-9202 FAX:048-728-9130 ┃         mail:info@bestcarton.com ┃    http://www.bestcarton.jp/ (オーダーメイド) ┃    http://www.bestcarton.com/ (既 製 品) ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■このメルマガのテイストがそのままツイッターになりそうな気配。  なかなか公式アカウントになれない、"振り向けば箱職人" はこちらです↓↓  フォロワー募集中です。  https://twitter.com/hakoshokunin ■メルマガバックナンバーがWEBページになりました。 "過去号を全部見たい"という方はこちらのページへどうぞ↓↓ http://www.bestcarton.com/profile/magazin/#BackNumber ※メルマガ不要の場合は、こちらのURLから解除下さいませ。 https://plus.combz.jp/connectFromMail/leave/yapb8775

次のメルマガへ:2017年7月号 5000年ダンボール ~後編~■アースダンボールメルマガ VOL43■
前のメルマガへ:2017年5月号 ジブリ DE ダンボール■アースダンボールメルマガ VOL41■

バックナンバー一覧に戻る

ダンボール専門店最大の品揃え・ご注文累計100万件以上 創業67年