スーツ・上下の梱包方法|梱包時の注意点や安く送る方法も

スーツは他の衣類と比べてデリケートで取り扱いが難しく、個人でスーツを梱包・発送すると型崩れやしわで台無しになる恐れがあります。特にネットオークションやフリマアプリの取引などで商品として発送したい場合は、状態が悪くなると先方との間にトラブルを引き起こしかねません。自宅から出張先にスーツを送る際に、キレイな状態を保って梱包したいという方もいるでしょう。

当記事では、スーツの畳み方から梱包の方法までの基本情報と併せて、梱包作業以外の注意点やおすすめの配送方法を詳しく紹介します。

 

1.スーツの梱包方法

スーツを梱包する際には、型崩れに注意しなければなりません。スーツは通常の衣類と比べて型崩れを起こしやすく、正しい手順で梱包を行わないと、肩回りにおかしなくせが付いたり、本来不要な位置に折り目がついたりします。

ここでは、スーツの梱包方法について、作業の流れ・手順を解説します。

 

1-1.ジャケットを畳む

スーツのジャケットを畳む際には、ハンガーに掛けたまま畳む方法と、ハンガーから外して畳む方法があり基本的には同じです。

1 ジャケットを裏返しに平置きする
背中側を上に向け、しわにならないように置きます。
2 ジャケットの袖を畳む
ハンガーに掛けたままの場合は肩先から、後ろ身頃の中央に向かって畳みます。ハンガーから外す場合は、肩幅の中央あたりから畳み、袖を身頃と平行に収めましょう。いずれの場合も、袖を中央あたりでジャケットの上端に向かって折り返しましょう。
3 ジャケットを2つ折りにする
畳んだボトムスをジャケットの上半分の部分に置き、包むように畳みます。ジャケットに折った跡がつかないように、ふんわりと畳むのがポイントです。

袖部分を畳む際に違いがあるため、その点だけ注意するとよいでしょう。

 

1-2.ボトムスを畳む

ボトムスには、スカートとスラックス(パンツ)の2種類があります。ボトムスを畳む場合も、基本的な手順に違いはありません。しわにならないように、注意深く畳みましょう。

1 ボトムスを縦半分に畳む
スリットがあるスカートの場合、スリットが折れ曲がらないように注意が必要です。センタープレスのパンツは、センターに合わせて畳みましょう。
2 2つ折りもしくは3つ折りにする
スカートの場合は2つ折り、パンツの場合は3つ折りにします。

ボトムスを畳み終えたら、袖を畳んだ状態のジャケットに乗せて包み、畳む工程は完了です。

 

1-3.ビニール袋にスーツを入れる

輸送中、梱包資材に雨などの水分が染み込み、スーツを傷める恐れがあります。大切なスーツを守るために、防水対策として畳んだスーツをビニール袋に入れましょう。なお、スーツカバーがある場合は、利用することがおすすめです。

1 畳んだスーツより大きめのビニール袋を準備する
袋は家にあるポリ袋などでも構いません。
2 スーツを袋に入れる
畳んだスーツが崩れないよう、丁寧に袋に入れましょう。
3 スーツの大きさに合わせて袋を畳む
スーツを袋の端に寄せると袋を畳みやすくなります。
4 テープで封をする
テープで密封することで、水や湿気を防げます。

ビニール袋を掛けると臭い移りなどを防ぐことも可能です。スーツカバーを使用する場合も、カバーの上からビニール袋で梱包するとよいでしょう。

 

1-4.箱・ダンボールにスーツを入れる

袋に入れたスーツを、箱やダンボールなどの梱包資材に入れます。箱やダンボールはスーツのサイズに合ったものを用意しましょう。大きすぎたり小さすぎたりすると、しわや型崩れの原因になります。

ここでは、スーツに適した薄型ダンボールの使用を想定した梱包方法を紹介します。

おすすめ商品

1 ダンボールに入れる
スーツがしわにならないよう、横に寝かせて入れましょう。
2 フタを閉める
フタを閉め、ガムテープなどを貼って密閉しましょう。

ジャストサイズのダンボールが入手できない場合、ダンボールとスーツの隙間に緩衝材を詰めて対処します。緩衝材には、おなじみの気泡緩衝材以外にも、エアピロー型のアイテムもあります。特にミシン目で切り離せるタイプは、必要な分だけ使えるので便利です。

おすすめ商品

 

2.スーツを梱包する際のコツ・注意点

スーツのしわや型崩れを防ぐには、手順を守って梱包することが大切ですが、それだけでしわや型崩れを十分に防げるとは限りません。手順を守って梱包を行った上でいくつかのコツや注意点を押さえると、よりきれいな状態でスーツを送り届けられるでしょう。

ここでは、スーツをよりきれいに梱包するためのポイントを解説します。

●発送の直前にスーツを畳む

早めに梱包を行うと、畳んだ状態が長く続き、畳んだ跡やしわがついて取れにくくなる恐れがあります。しわや型崩れを最小限にとどめるには、可能な限り発送予定の直前に梱包を行うことが大切です。

●型崩れしないように優しく畳む

本来、スーツのしわ・型崩れを防ぐには、畳まず着用時と同じ状態で梱包するのが理想です。しかし、畳まずに梱包するのは難しいことも多く、畳んで梱包するのが一般的な方法となっています。畳む場合にはしわや畳んだ跡が残らないように優しく畳みましょう。

●小さく畳まないようにする

スーツを小さく畳むことでサイズを小さくでき、送料を節約できる一方で、畳んだ跡やしわがつきやすくなるというデメリットがあります。せっかく送料を安くあげられても、スーツの状態を悪化させて先方とのトラブルを招いては意味がありません。スーツをきれいな状態で送るには、畳む回数は最小限にし、小さく畳みすぎないようにしましょう。

●スーツに適した箱・ダンボールを使用する

商品としてスーツを梱包する場合、スーツの梱包に適した箱・ダンボールを用意するのがおすすめです。サイズや形が合っているものを使うことで、手間をかけずにきれいな状態で梱包できます。可能な限り畳まずに送りたい場合などは、衣類専用のハンガーボックスを使うのもおすすめです。

おすすめ商品

 

3.スーツの安く送る配送方法

梱包したスーツの発送方法としてはさまざまな手段が考えられますが、送料・サービス内容のバランスを考慮すると、郵便局の「ゆうパック」がおすすめです。郵便局のサービスは、他の配送会社で扱っている同様のサービスよりも安価に送れる傾向にあります。

また、同じ郵便局のサービス同士を比較した場合、ゆうパックは定形外郵便よりも大きめのサイズでも送れます。定形外郵便と異なり、補償がついているのもおすすめできるポイントです。以下では、ゆうパックの概要を紹介します。

ゆうパックで送れるサイズには7通りあり、差出元とお届け先のエリアによって送料が変動します。下記の表は、例として東京~東京間・東京~大阪間・北海道~沖縄間の送料をサイズごとにまとめたものです。

サイズ 送料
東京~東京間 東京~大阪間 北海道~沖縄間
60サイズ
(3辺の合計が60cm以下)
810円 970円 1,500円
80サイズ
(3辺の合計が80cm以下)
1,030円 1,200円 1,760円
100サイズ
(3辺の合計が100cm以下)
1,030円 1,200円 2,010円
120サイズ
(3辺の合計が120cm以下)
1,530円 1,690円 2,270円
140サイズ
(3辺の合計が140cm以下)
1,780円 1,950円 2,550円
160サイズ
(3辺の合計が160cm以下)
2,010円 2,160円 2,770円
170サイズ
(3辺の合計が170cm以下)
2,340円 2,530円 3,160円

出典:日本郵便「ゆうパック」

上表にない地域間で発送する場合は、事前にゆうパックのサイトで送料を調べておくとよいでしょう。差出元・お届け先の都道府県を選択するだけで簡単に検索可能です。

郵便局・コンビニ・取扱店への持ち込みは荷物1つにつき120円の割引を受けられます。ただし、コンビニ・取扱店の場合は現金支払いのみです。

ゆうパックで補償を受けるためには、セキュリティサービスを利用する必要があります。料金は追加で380円かかるものの、引受けから配達までの破損・紛失などに対して実損額の賠償を受けることが可能です。セキュリティサービスは郵便局の窓口もしくは集荷時にのみ利用可能で、コンビニや取扱店の窓口では付加できません。

出典:日本郵便「ゆうパック」

 

まとめ

型崩れしやすいスーツをきれいに梱包・発送するためには、畳む回数や畳まれた状態で置かれる時間を極力減らし、スーツの梱包に適した箱を使う必要があります。畳んで送る場合、安全かつ送料を抑えられるゆうパックで送るのがおすすめです。

ダンボールの場合、発送用の商品展開が豊富で、送る量や方法によってジャストサイズのものを探せる可能性が高くなります。アースダンボールでは、デリケートなスーツの梱包に最適な商品やハンガーボックス、送料を抑えられるゆうパック対応の商品を多数販売しています。大切なスーツをよりよい状態で先方に届けたいとお考えであれば、ぜひアースダンボールにご用命ください。

アースダンボール公式サイトはこちら

梱包材・緩衝材の販売ページはこちら

  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • メール

この記事は引用可能ですが、引用元として当該記事のURL、もしくはhttps://www.bestcarton.com/へのリンクを必ず記載して下さい。

ダンボール専門店最大3000種類超え・ご注文累計100万件以上 創業68年 工場直営なので最短当日お引き取りも可能 ダンボール2.0

  1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. おすすめコンテンツ一覧
  3. ダンボールワンポイント記事
  4. スーツ・上下の梱包方法|梱包時の注意点や安く送る方法も