【佐川急便】集荷の依頼方法|コンビニから発送できるかも紹介

佐川急便では、ヤマト運輸や日本郵便のような他の宅配業者とは異なり、コンビニからの発送には対応していません。コンビニから荷物を発送したい場合は、ヤマト運輸や日本郵便を利用する必要があります。佐川急便で荷物を送りたい場合は、コンビニ発送以外の方法を使わなければなりません。

そこで当記事では、佐川急便で荷物を送る方法として、「集荷に来てもらう方法」と「営業所に持ち込む方法」について詳しく解説します。さらに、佐川急便で荷物を送る場合におすすめのダンボールについても取り上げるため、これから荷物を送ろうと思っている方は、ぜひご覧ください。

 

1.佐川急便で荷物を送る方法|コンビニから荷物を送れる?

宅配便などの荷物を送るのにコンビニを利用する方が増えています。しかし、佐川急便で荷物を送る場合、コンビニからの発送はできません。ヤマト運輸や日本郵便といった他の宅配業者は提携しているコンビニから荷物の発送ができるので、佐川急便も送れると思われがちです。残念ながら佐川急便の荷物はコンビニ発送の取り扱いはありませんので注意してください。

佐川急便で荷物を送るには、以下の2つの方法が使えます。

  • 集荷に来てもらって荷物を送る方法
  • 荷物を営業所に持ち込んで送る方法

 

2.【佐川急便】集荷に来てもらって荷物を送る方法

佐川急便では、自宅や職場などに集荷に来てもらうことで荷物が送れます。集荷依頼には電話で集荷を依頼する方法と、ネットで集荷を依頼する方法の2つの方法が選べます。いずれの方法で集荷を依頼する場合でも、集荷費用は無料です。

ただし、荷物の梱包は自身で行う必要があるので梱包材も準備しておきましょう。基本的には集荷依頼をして荷物を梱包すれば、自宅や会社で待つだけの便利な集荷サービスです。なお、ダンボールなどの梱包資材が必要な場合は、集荷依頼の際に併せて依頼すればドライバーさんが有料で持ってきてくれます。

 

2-1.電話で集荷を依頼する方法

電話での集荷依頼は、最寄りの佐川急便営業所に電話をして依頼します。まずは、佐川急便の公式サイトから最寄りの営業所を検索しましょう。集荷依頼をする営業所が決まったら、記載されている集荷専用電話番号に電話をかけ、集荷を依頼します。集荷専用電話番号は、事業所によって異なるのでかけ間違いには注意しましょう。

集荷を依頼できる時間帯は、営業所によってさまざまです。24時間対応の営業所もあれば、「9時~17時」など時間が決まっている営業所もあります。集荷専用電話番号と同じく、営業所ページに営業時間帯が記載されています。集荷可能な時間帯を確認してから電話をかけるようにしましょう。

佐川急便「営業所検索」はこちら

 

2-2.ネットで集荷を依頼する方法

ネットで集荷を依頼する場合は、佐川急便・公式サイトから「スマートクラブ」に登録する必要があります。佐川急便を使って荷物を発送することが多い方は、スマートクラブに登録しておくと便利です。

スマートクラブは集荷をネットで依頼できる他にも、配達日時や受け取り場所の変更、再配達の依頼など、面倒な手続きがネットで完結する便利なサービスです。

「スマートクラブ for business」では、送り状作成システムなど、一度に多くの荷物を発送する際にも便利なサービスが利用できます。また、荷物の配送状況を確認できたり、配達完了通知を受けられたりするなど、ビジネス向けの便利なサービスの利用が可能です。基本的に会員登録は無料ですが、一部有料のサービスがあるので必要なサービスが無料かどうかを確認しておくとよいでしょう。

佐川急便「Web集荷のご依頼」はこちら

 

3.【佐川急便】荷物を営業所に持ち込んで送る方法

佐川急便では、営業所に荷物を持ち込んで送ることもできます。営業所に荷物を持ち込めば、割引が受けられます。集荷を依頼した場合と比べると、配送料が100円割引になるのでお得です。

また、集荷依頼には集荷に来てもらう時間に幅があり、一定時間自宅で待機する必要があります。なかなか集荷に来てくれないと心配になりますが、持ち込みなら営業時間内であれば、いつでも持ち込み可能です。営業所近くに訪れる機会がある方や、自宅近くに営業所がある方は、集荷を待つよりも持ち込んだほうが早く荷物を送ることができるでしょう。

ここでは、営業所検索の方法や、荷物を持ち込む際の注意点について解説します。

 

3-1.営業所の探し方

営業所は佐川急便の公式サイトから探せます。地域名や郵便番号、最寄り駅からも検索できるので、自宅近くの営業所だけではなく外出先から発送したい場合でも近くの営業所が簡単に探せて便利です。検索時に表示される営業所には、以下の3つの種類があります。

  • 営業所・担当営業所
  • サービスセンター
  • 取次店

それぞれに業務内容は異なりますが、いずれも持ち込みでの発送は可能です。このうち取扱店の中には薬局やコーヒーショップ、スポーツ用品店など、佐川急便以外の店舗が含まれています。

コンビニ発送はできないものの、意外と身近なお店から荷物の発送ができる場合があります。まずは近くに佐川急便で荷物が発送できる営業所や取次店がないかを検索してみるのがおすすめです。

佐川急便「営業所検索」はこちら

 

3-2.営業所に持ち込む場合の注意点

営業所などに持ち込む場合は、当日配送の受付時間をチェックしておくようにしましょう。営業所ごとに営業時間および当日配送の受付時間が異なります。もし、営業時間内に荷物を持ち込んだとしても、受付時間を過ぎていると、翌日での発送ということになり、到着日が遅れてしまいます。発送日・到着日について先方と約束がある場合は、営業所の営業時間だけではなく受付時間にも注意が必要です。

また、クール宅配便での配送を希望する場合は、飛脚クール便の受付が可能であるかも確認しておくとよいでしょう。

 

4.【佐川急便】梱包におすすめのダンボール・資材を紹介

佐川急便で荷物を送る場合、佐川急便の定める規格に応じたダンボールを用意して荷物を梱包する必要があります。また、梱包する際には、配送中に中身が破損したり傷ついたりするのを防ぐために、緩衝材などを使用することがおすすめです。

「アースダンボール」は、佐川急便の規格に対応したダンボールや緩衝材など、品揃え豊富な梱包資材の専門サイトです。特にダンボールを複数まとめて購入する場合は、大変お得な価格で販売しております。

ここでは、佐川急便の各種サービスでの配送に対応したダンボールや緩衝材の中から、人気商品を厳選してご紹介します。

おすすめ商品

【宅配100サイズ】定番ダンボール箱(B4)

◆【宅配100サイズ】定番ダンボール箱(B4)

B4サイズの用紙やファイルが入る宅配100サイズのダンボールで、両手でしっかり持てる使い勝手のよい大きさです。高さも十分あり丈夫な作りなので、コミックをまとめて梱包したり、小型家電などの配送用にもおすすめです。

【宅配100サイズ】定番ダンボール箱(B4)はこちら

【宅配120サイズ】定番ダンボール箱(A3)

◆【宅配120サイズ】定番ダンボール箱(A3)

A3サイズの用紙やファイルが入る120サイズのダンボールです。書籍の発送や、衣類の発送にも最適です。一般的な大きさのトップスの場合は、畳んで2列に収納して梱包できます。

【宅配120サイズ】定番ダンボール箱(A3)はこちら

(広告入)宅配100ダンボール箱

◆(広告入)宅配100ダンボール箱

B4サイズの用紙やファイルが入る宅配100サイズのダンボールに広告が入っているタイプです。シンプルな広告なので中身のイメージを崩さずに使用できます。また、広告入りのダンボールであるため、大変経済的でコストパフォーマンスに優れています。無地にこだわりを持っていない方は、こちらの広告入りダンボールがおすすめです。

(広告入)宅配100ダンボール箱はこちら

エアキャップ一般60

◆エアキャップ一般60

緩衝材として欠かせない気泡緩衝材です。安全に荷物を送り届けたい場合は、緩衝材を使って、衝撃から荷物を守る必要があります。60cm幅で扱いやすく、直径も約40cmなので個人宅の玄関ドアからも問題なく搬入できます。

エアキャップ一般60はこちら

ハイタッチ[小袋200個入り]300×200

◆ハイタッチ[小袋200個入り]300×200

発砲素材のクッション材であるハイタッチは、ダンボールの隙間を優しく埋めてくれるアイテムです。気泡緩衝材のエアキャップを巻き付けただけでは心配な場合でも、ハイタッチと併用すれば安心して荷物を送れます。

ハイタッチ[小袋200個入り]300×200はこちら

 

まとめ

佐川急便では、ヤマト運輸や日本郵便などとは異なり、コンビニからの荷物の発送には対応していません。そのため「集荷に来てもらう方法」か「営業所に持ち込む方法」かを選択する必要があります。集荷依頼も営業所の検索も、公式サイトから行うことが可能です。

佐川急便で荷物を送る際には、規定されているサイズ規格に沿ったダンボールを使用する必要があります。梱包資材専門サイトの「アースダンボール」では、佐川急便のサイズ規格に対応したダンボールだけではなく、バラエティ豊かな緩衝材もご用意しております。佐川急便で荷物を発送する際には、ぜひアースダンボールの梱包資材をご利用ください。

梱包材・緩衝材の販売ページはこちら

アースダンボール公式サイトはこちら

  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • メール

この記事は引用可能ですが、引用元として当該記事のURL、もしくはhttps://www.bestcarton.com/へのリンクを必ず記載して下さい。

ダンボール専門店最大3000種類超え・ご注文累計100万件以上 創業68年 工場直営なので最短当日お引き取りも可能 ダンボール2.0

  1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. おすすめコンテンツ一覧
  3. ダンボールワンポイント記事
  4. 【佐川急便】集荷の依頼方法|コンビニから発送できるかも紹介