ダンボールの活用術|家具・おもちゃ・ペット用品のリメイク方法7選

ダンボールは引越しや買い物などで、家にたまりやすいもののひとつです。「せっかくならダンボールを有効活用したい」と考えている方も少なくないでしょう。

ダンボールはアイデア次第で様々なものにリメイクでき、子どもの工作などにも活躍する汎用性の高いアイテムです。

この記事では、ダンボールの活用術として、家具・おもちゃ・ペット用品にリメイクする方法を7つ紹介します。「ダンボールを捨てずに活用したい」と思っている方はぜひ参考にしてください。

 

1.ダンボールの活用術:家具にリメイク

ここでは、ダンボールをリメイクして「棚・収納ボックス・机」を作る方法を紹介します。

家にあるダンボールなどでも製作は可能ですが、本格的な工作を行う際は、基本的に新品のダンボールを使うことがおすすめです。アースダンボールでは、多種多様なサイズのダンボールを扱っているため、併せて参考にしてみてください。

 

1-1.棚

はじめに紹介するダンボールの活用術は、ちょっとした小物を置けるような「棚へのリメイク」です。

棚の外枠や棚板の強度を上げることで、本や写真立てなど、ある程度重量があるものも棚に置けるようになるため、ぜひ参考にしてください。

【必要な材料・工具】

  • 棚の本体に使うダンボール箱:1つ
  • 棚板に使うダンボール板:2枚(3段棚の場合)
  • カッター
  • 定規
  • ガムテープ

【作り方】

(1)

ダンボール箱を組み立て、内フタ・外フタを内側に折り込む

※ダンボール箱の上部が開かれた形にする

※このダンボール箱が「棚の外枠部分」になる

(2)

棚板用に別のダンボール板を用意し、外枠のダンボール箱に差し込めるよう、サイズ調整を行う

※ある程度の重みに耐えられるよう、棚板用ダンボールは何枚か重ねたり、折り合わせたりするとよい

(3)

棚の外枠用ダンボールの内側に、棚板用ダンボール板を差し込むための切り込みを入れる

(4)

(3)で作った切り込みに合わせ、棚板用ダンボール板を差し込み、ガムテープなどで補強して完成

ダンボールで作る棚は、ドライバーやねじなどの工具を使わないため、女性や子どもでも製作可能です。

ただし、棚板を差し込む部分はやや難しい工程となります。YouTubeなどには、棚板をきれいに差し込む方法なども紹介されているため、本格的に挑戦したい方はぜひ参考にしてください。

 

1-2.収納ボックス

小物・生活道具・衣類などを入れる「収納ボックス」も、ダンボールで作ることができます。仕上げとして、好きな柄の布をボックスに貼れば、デザイン性が高い収納ボックスが完成するため、おすすめです。

【必要な材料・工具】

  • ダンボール箱:1つ
  • カッター
  • 定規
  • ガムテープ
  • 好きな柄の布
  • 布を貼る用のボンド

【作り方】

(1)

収納ボックスを置く場所のサイズを測る

(2)

収納ボックスを置く場所のサイズに合うように、ダンボール箱の不要な部分をカットする

※ダンボールが箱状になっている場合も、一度開いてサイズ調整を行うことで、きれいに仕上がります

(3)

ダンボール箱を、箱状に組み立てる(適宜ガムテープを使用してください)

(4)

ダンボール箱の内フタ・外フタを中に折り込み、ガムテープで固定する

(5)

お好みで、ダンボール箱の外側・内側に布を貼って完成

収納ボックスのサイズを間違えると、置きたいスペースに収まらなくなるため、サイズ計測やカットを丁寧に行うことが重要です。また、棚の中に入れて引き出しのように使うなど、他の家具との組み合わせもできます。

 

1-3.机

ダンボールを使って、小さな机を製作することも可能です。

イメージとしては、ダンボール箱を組み立て、ダンボール箱の内側に、脚を4本接着させる形です。天板はダンボール箱1つだけだと強度が弱いため、ダンボール板を別途使用し、補強を行いましょう。

【必要な材料・工具】

  • 天板となるダンボール箱:1つ
  • 天板を補強するダンボール板:3枚
  • 机の脚に使うダンボール板:数枚
  • カッター
  • 定規
  • ガムテープ
  • ボンド

【作り方】

(1)

ダンボール箱を箱状に組み立てる

(2)

ダンボール箱が机の形になるように(机の脚ができるように)、ダンボール箱の4側面をきれいにカットする

※側面をカットする際は、台形型に切ると見栄えがきれい

※(2)が終わった状態で、すでに机のような形になっている

(3)

ダンボール箱で作った、机の脚部分を補強するため、別途、机の脚と同じ形(幅・長さが同じ)のダンボール板を複数枚用意する

※1つの脚につき、ダンボール板は8~10枚ほど使用(机の大きさ・机に乗せるものの重さに合わせ、適宜調整する)

(4)

用意したダンボール板を、複数枚重ね合わせて、セロテープ・ガムテープなどで巻く

※ダンボール板が、脚のような形になっていればOK

※これを4つ分作る

(5)

最初に準備したダンボール箱(机状)の内側に、(4)で用意したダンボール板をボンドで貼り付ける

※脚が補強された形になる

※この作業を4脚分行う

(6)

最後に、机の天板部分に、天板を補強するダンボール板を3枚貼り付けて完成

ダンボールで作った机は、汚れたり壊れたりしても簡単に捨てることができるため、小さい子どもの作業机におすすめです。また怪我防止のためにも、(4)(5)の脚の部分を強化する作業を入念に実施してください。

 

2.ダンボールの活用術:おもちゃにリメイク

ダンボールを使って、子ども用のおもちゃを作ることもできます。作り方を覚えれば小学生でも簡単に製作できるため、夏休みの自由工作などにもおすすめです。

アイデア次第で様々なおもちゃを作れますが、ここでは、「ビー玉転がし」と「ブーメラン」の作り方を解説します。

 

2-1.ビー玉転がし

「ビー玉転がし」は、ダンボール板1枚と工作用紙だけで、簡単に作ることができます。工作用紙でビー玉が通る坂道(コース)をいくつか作り、ダンボール板にコースをジグザグに貼るだけでほぼ完成です。

【必要な材料・工具】

  • 工作用紙:1枚
  • ダンボール板(コースを貼るための土台用):1枚
  • カッター
  • セロハンテープ

【作り方】

(1)

工作用紙を使って、ビー玉を転がす坂道を4~5本作る

※ビー玉が落ちないように、コの字型に坂道を作ってください

(2)

(1)で作ったコの字型の坂道を、ダンボール板にジグザグに貼り付ける

※コースの側面側をダンボール板に貼り付ける(ダンボール板に対してコースが垂直になるようにしてください)

(3)

ダンボール板を壁などに立てかけて、完成

ビー玉転がしで使用したダンボール板は、コースを貼るためだけに使うため、ダンボール板を使用しなくても、壁にコースを貼り付けることで同じものができます。

しかし、コースをセロテープなどで貼り付けることや、持ち運びを考えると、ダンボール板を使用したほうがよいでしょう。

 

2-2.ブーメラン

外遊びに最適な「ブーメラン」も、ダンボールで作れます。ダンボールを好きな形にカットして、装飾するだけの簡単な作業だけで製作可能です。

【必要な材料・工具】

  • ダンボール板:1枚
  • ガムテープ
  • 好きな色の油性ペン
  • はさみ(カッター)

【作り方】

(1)

ダンボールをX・V・Yなどの飛ばしたい形にカットする

(2)

重みを出すために、カットしたダンボールにガムテープを巻きつける

(3)

油性ペンで模様を付けたら完成

今回は油性ペンで模様を付ける方法を紹介しましたが、色付きビニールテープを巻きつける方法もあります。ブーメランがうまく飛ばない場合は、違う形にしたり、重みを調整したりしてみてください。

 

3.ダンボールの活用術:ペット用品にリメイク

最後に、ダンボールをペット用品にリメイクする方法を紹介します。犬や猫を飼っている方はぜひ参考にしてください。

なお、ダンボールは湿気を吸いやすいため、長期間使用するとダニなどの害虫が発生しやすくなります。ペットにも悪影響を及ぼす恐れがあるため、ある程度の期間使用したら処分することがおすすめです。

 

3-1.ペットハウス

「ペットハウス」はダンボール箱1つで簡単にでき、カットする手間も1回だけであるため、小さな子どもでも簡単に作ることができます。

【必要な材料・工具】

  • ダンボール箱:1枚
  • ガムテープまたはビニールテープ
  • カッター

【作り方】

(1)

ダンボール箱を組み立て、箱状にする

(2)

ダンボールの側面に、ペットがダンボール箱の中に入るための穴(入口)を作る

この記事ではシンプルな方法を紹介しましたが、YouTubeなどには、より本格的なペットハウスを作る方法が紹介されているため、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

 

3-2.猫の爪とぎ

最後に、「猫の爪とぎ」をダンボールで作る方法について紹介します。今回紹介する爪とぎは「円盤状」のもので、ダンボール板を端からぐるぐる巻いて作る方法です。

【必要な材料・工具】

  • ダンボール箱:1枚
  • ガムテープ
  • カッターナイフ
  • 定規

【作り方】

(1)

ダンボール箱の側面の辺を1つ切り、長方形状に展開する

(2)

展開したダンボールを、長方形状(棒状)にカットし、ダンボール板を作る

※ダンボール板の短辺部分が「爪とぎの高さ」、長辺部分が「爪とぎの円周部分」になる

※そのため、短辺部分は同じ長さにしたうえで、ダンボール板を複数作ってください

(3)

ダンボール板を端からぐるぐる巻いていく

※このとき、ダンボール内部の波部分がつぶれないように注意する

(4)

ダンボール板を1つ巻き終えたら、巻き終えたダンボールに、次のダンボール板をつなぎ合わせ、同じように巻いていく

(5)

理想の大きさまでダンボール板を巻き終えたら、完成

猫の爪とぎを作る際は、ダンボール板のカット作業を丁寧に行うことが重要です。カットの際にダンボールの弾力性がなくなると、爪とぎの効果も薄れるため、猫が使ってくれない場合があります。

おすすめ商品

ダンボールのこぎり(スライドダンちゃん)
  • 1238

手軽に自由な曲線カットができる段ダンボール用の簡易ノコギリ

特殊なギザ刃仕様。鋭い切れ味を生むギザ刃で段ボールだけでなく、錆に強いステンレス刃物鋼を使用し、両刃の為どちらからでもカットが可能です。刃が収納できるスライドタイプなので持ち運びにも便利です。太い柄は力が入りやすく各現場で高い支持を集めています。グリップパターンで手のすべりを防止し、握りやすく安全に作業ができます。ネジ式ロックで固定できるので、使う時も保管時も安全・安心して持ち運びができます。

  • 単価 1,036円~(税込)
    • 即日
梱包業者さん御用達。セキスイ製のクラフトテープ
  • 1016

梱包業者さん御用達。セキスイ製のクラフトテープ

プロの梱包業者さんが指定買いされるほど、高品質で使い勝手の良いテープ。(超特価のクラフトテープでベタベタになった経験のある方ならわかるはず)1個より販売しておりますが、3ケース(150個)で送料無料となるため、まとめ買いもおススメです!

  • 単価 203円~(税込)
  • 50mm×50m巻き
    • 即日

 

まとめ

ダンボールは、家具・おもちゃ・ペット用品と幅広いものにリメイクできます。いずれも、特別な材料は不要で手間もかからないため、誰でも簡単に製作可能です。気になる活用術があった場合は、ぜひ試してみてください。

なお、ダンボールをリメイクする際に、追加でダンボールが必要になる場合もあるでしょう。ダンボールを購入したい場合は、ダンボール専門店である「アースダンボール」での購入がおすすめです。1箱からの購入も可能であるため、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ダンボール専門店最大3000種類超え・ご注文累計100万件以上 創業68年 最短当日お引き取りも可能 幸せのダンボール

  1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. おすすめコンテンツ一覧
  3. ダンボールワンポイント記事
  4. ダンボールの活用術|家具・おもちゃ・ペット用品のリメイク方法7選