A4封筒の書き方|縦書き・横書き別に解説

A4サイズの書類を折らずに送付できるA4封筒は、ビジネスシーンでも重宝されています。A4封筒で書類を送付する際は、表の宛名や裏面は縦書きが一般的です。

A4縦書き封筒に馴染みがない場合、宛名書きのマナーで迷う人も多いでしょう。そこで今回は、正しいA4封筒の宛名・裏面の書き方を、縦書き・横書きに分けて解説します。また、ビジネスシーンでやり取りされる大切な書類にこそ使いたい、軽くて丈夫な封筒5選もご紹介しますので、ぜひお読みください。

 

1.【縦書き】A4封筒の宛名面・裏面の書き方

A4封筒は、履歴書や契約書、請求書などビジネスシーンでやり取りされる重要書類を折らずに送付できる便利サイズの封筒です。ビジネス文書を送る場合、宛名面・裏面を縦書きで記載することが一般的です。

以下では、A4封筒の縦書きの書き方を、宛名面と裏面に分けて解説します。

 

1-1.宛名面

A4封筒の表となる宛名面には、送り先の住所や氏名、郵便番号を記載します。

・郵便番号

郵便番号の記載位置は封筒の右上です。郵便番号欄がない場合、郵便番号のマークや枠は書かずに数字とハイフンのみ記入します。郵便番号の上と右端に文字1つ分の間隔を空けると、最終的に全体のバランスがよくなります。

日本郵便株式会社の「・バーコードマニュアル 郵便番号枠」によると、定形外郵便封筒の上端と右端から郵便番号の記入枠までの間隔は18.0mmとなっています。

出典:日本郵便株式会社「郵便番号・バーコードマニュアル 郵便番号枠」

・住所

ビル名などは略さずに正式名称で書きます。郵便番号の横へ、1文字下げて書き始めましょう。住所が長い場合は2行に分けても構いません。縦書きの場合、部屋番号などの数字は漢数字で書きます。

・社名・部署名(企業宛ての場合)

社名は、住所と少し間隔を空けて書き始めます。株式会社などは(株)などと省略せず、正式名称で書きましょう。担当部署名は、行を変えて書くか、会社名の下に1文字空けて書きましょう。字の大きさは社名と同じくらいがベストです。

・氏名

氏名は封筒の中央に書きます。個人宛ての場合の敬称は「様」、企業・部署など組織宛ての場合は「御中」です。敬称は氏名と同じ大きさで書きます。

役職名は、5文字未満であれば氏名の上に、5文字を超える場合は氏名の横に小さく書きましょう。担当者名が分からない場合は、○○担当者様と記載します。

・添え書き

封筒の中身を伝える外脇付けは、「契約書在中」や「親展」と書きます。目立たせるために赤字で書くことが多いですが、青字や黒字でも問題ありません。記載場所は封筒の左下です。

・切手

切手は封筒の左上に貼ります。上端と左端から少し間隔を空けて貼りましょう。

 

1-2.裏面

A4封筒の裏面には差出人の住所や氏名を書きます。

・日付

A4封筒の右上に封かん日を書きますが、投函日でも大丈夫です。和暦で「○年○月○日」と漢数字で書きます。

・差出人の郵便番号

郵便番号は差出人の住所・氏名の上に横書きで書きます。1文字ほど間隔を空けて書きましょう。

・住所・氏名

A4封筒裏面の左下に住所と氏名を記載します。住所よりも氏名を大きなサイズで書くとバランスよく見えます。

・封締め

封筒裏面の上部にある封入口をのり付けします。セロハンテープやホッチキスどめはビジネスシーンでは適していません。封をしたことを証明するために中央部分に「〆」「封」「緘」のいずれかを書きます。

 

2.【横書き】A4封筒の宛名面・裏面の書き方

横書きはややカジュアルな印象を与えるため、ビジネスシーンで使われる封筒は縦書きが基本です。しかし、企業に職務経歴書を送る場合や親しい人に送る場合は、正しい書き方であれば横書きでも問題ありません。

以下では、横書きの宛名面・裏面の書き方を注意点を交えながら項目別に解説します。

 

2-1.宛名面

A4封筒を横向きにして宛名や裏面を横書きにする場合、封入口は右側です。

・郵便番号

郵便番号枠がなければ左端から2文字、上端から1文字ほど開けて書き始めます。郵便番号マークや枠を書く必要はありません。

・住所

書き出しは郵便番号の左端に揃えます。建物名などは正式名称で書きましょう。番地は「○丁目○番地○号」もしくは「○ー○ー○」のどちらかです。横書きの場合はすべて算用数字で表記します。

・社名・部署名(企業宛ての場合)

社名・部署名は住所の下に正式名称で記載します。部署名が長い場合は、2行に分割しましょう。

・氏名

氏名は宛名書きの中で一番大きく、なるべく中央に記載します。役職を入れる場合、担当者名の前にやや小さく入れましょう。敬称は個人名の場合は「様」、組織や会社宛ての場合は「御中」を使います。

・添え書き

封筒の右下に「履歴書在中」などの添え書きを記載します。文字色は赤・青・黒のどれでも問題ありません。

・切手

横書き封筒の場合、切手は封筒の右上に貼ります。

 

2-2.裏面

横書きで宛名を書いた場合、裏面も揃えて横書きにします。横書きの場合は、封入口は左にし、宛名面と上下を揃えましょう。

・日付

封筒の左上に送付日を記載します。算用数字を使い「○年○月○日」といった形で記載しましょう。

・差出人の郵便番号

差出人の郵便番号は、封筒の右下に記載します。郵便番号枠があれば枠内に記入し、なければ住所の上に記載します。

・住所・氏名

封筒の右下へ住所・氏名の順番に記載します。名前は少し大きめに書きましょう。

・封締め

封入口をのり付けしたら、封をしたことが分かるように封入口に「〆」「封」「緘」のいずれかを中央に書いて、封締めは完了です。

 

3.ビジネスで使えるA4封筒5選

アースダンボールでは、ビジネスシーンで使える多種多様なA4封筒を販売しています。耐久性に優れたクッション封筒や厚紙封筒は、重要な書類や資料、大切な手紙などを送る場合に最適です。

以下では、アースダンボールのA4封筒を5つご紹介します。

おすすめ商品

飛脚メール便対応厚紙封筒【A4】

・飛脚メール便対応厚紙封筒【A4】

飛脚メール便とは、佐川急便が提供するサービスの1つです。ポスト投函ができるので、低価格で書類などを送れます。送れるサイズの上限は、3辺の合計が70cm以内です。

アースダンボールの「飛脚メール便対応厚紙封筒【A4】」は、紙封筒よりも耐久性に優れています。両面テープ付きなのでのり付けする手間が省けます。また、ミシン目を引くジッパーが付いているので、開封時もカッターやハサミなどの道具要らずです。

アースダンボール「飛脚メール便対応厚紙封筒【A4】」はこちら

【A4サイズ】ミラーマットクッション封筒310×210

・【A4サイズ】ミラーマットクッション封筒310×210

緩衝材としてよく使われるミラーマットが、封筒の内側に使用されています。ミラーマットは薄型でとても軽いので、厚みや重量に制限のある「ネコポス」や「クリックポスト」などさまざまなメール便サービスで使用可能です。ラミネート加工により、水漏れに弱い書類や割れやすいCDケースなどを送る際も安心です。

アースダンボール「【A4サイズ】ミラーマットクッション封筒310×210」はこちら

【A4】薄型クッション封筒クラフト色(直輸入)

・【A4】薄型クッション封筒クラフト色(直輸入)

封筒内側の気泡緩衝材が、衝撃から中身をしっかり守ってくれます。料金は最安値で1枚25.2円、高くても26.3円です。両面テープとジッパー付きなので、封緘と開封の作業効率にも優れています。

アースダンボール「【A4】薄型クッション封筒クラフト色(直輸入)」はこちら

ネコポス対応厚紙封筒(縦入れ)

・ネコポス対応厚紙封筒(縦入れ)

封筒の内側に緩衝材は使われていないため「飛脚メール便対応厚紙封筒【A4】」と「【A4サイズ】ミラーマットクッション封筒310×210」より安価です。素材は、軽くて丈夫なコートボールで作られた厚紙封筒で、一般的な紙製封筒よりも強度があります。

重量制限のある郵送サービスにも最適で、ヤマト運輸のネコポスや日本郵便のクリックポストなどでも使用可能です。「郵便物をなるべく低価格で梱包・発送したいけど、中身の安全性もある程度気にしたい」という場合におすすめです。

アースダンボール「ネコポス対応厚紙封筒(縦入れ)」はこちら

(直輸入)薄型クッション封筒312×228A4サイズ対応

・(直輸入)薄型クッション封筒312×228A4サイズ対応

封筒の内側に気泡緩衝材が施されているため、衝撃や雨漏りから中身をしっかり守ってくれます。「【A4】薄型クッション封筒クラフト色(直輸入)」との違いは、対応しているメール便数が多い点が魅力です。

アースダンボール「(直輸入)薄型クッション封筒312×228A4サイズ対応」はこちら

 

まとめ

ビジネス文書を送る際に便利なA4封筒には、縦書きと横書きそれぞれにルールがあります。宛名面・裏面の項目は同じですが、記載場所などに違いがあるため、送り先に失礼がないようマナーを守って書きましょう。

大切な書類をやり取りするからこそ、中身の破損に配慮した耐久性に優れた封筒を用意することもビジネスマナーの1つです。

ビジネスシーンなどで大切な書類を送る際には、ぜひ当記事で紹介したA4封筒をご利用ください。

ビジネスシーンで利用できる封筒を購入するならこちら

  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • メール

この記事は引用可能ですが、引用元として当該記事のURL、もしくはhttps://www.bestcarton.com/へのリンクを必ず記載して下さい。

ダンボール専門店最大3000種類超え・ご注文累計100万件以上 創業68年 工場直営なので最短当日お引き取りも可能 ダンボール2.0

  1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. おすすめコンテンツ一覧
  3. ダンボールワンポイント記事
  4. A4封筒の書き方|縦書き・横書き別に解説