企業・団体宛の封筒に書く「御中」とは?正しい使い方を解説

個人ではなく、企業や学校、役所など団体宛に封筒を送付する場合は、敬称に「様」ではなく「御中」を使用します。「御中」と「様」を混同したり、「御中」と「各位」の使い方を誤った状態で封筒を送ってしまうと、相手に失礼な印象を与える可能性が高いです。

そこで当記事では、封筒に記載する「御中」の意味や、「様」「各位」の使い分け方について紹介します。また、封筒で使われることが多い「行」「宛」の意味・使い方も解説するため、封筒に記載する敬称などの表記で疑問を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

 

1.企業・団体宛の封筒には「御中」と書く?

「御中」は、メールや郵便封筒の宛名書きの後に付ける敬称の1種で、組織や団体宛に書類などを送る際に使います。例えば、企業や学校、役所などに書類を送る場面では、「御中」が使用されます。

「御中」には、そもそもどのような意味があるのでしょうか。「御中」の「御」は、名詞の頭に付くことで、敬意を示す尊敬語です。また、「御中」の「中」は組織の中の人を表しています。つまり、「御中」とは「組織全体の人への敬意を表現する敬称」であり、「〇〇御中」は「〇〇の皆様へ」という意味になります。「御中」などの敬称の付け方はビジネスマナーに限らず、常識としても浸透しているため、使い方をマスターしておきましょう。

 

2.「御中」と「様」「各位」の使い分け方

「御中」をはじめ、封筒などの郵便物の宛名に使用する敬称には、さまざまな種類があります。各種敬称には使い方のマナーがあり、適切な方法で使わなければ、相手に失礼な印象を与えてしまうかもしれません。

ここでは、特にビジネスにおける書類やメールのやり取りで多く使用される、「御中」「様」「各位」の使い方について解説します。

 

2-1.団体宛には「御中」

「御中」は、主に企業や学校、役所などの団体宛に郵便物やビジネスメールを送る時に使います。また「御中」は特定の部署名の後に使用することもできるため、担当者の名前を知らないケースでも書類の送付がスムーズです。

「御中」は組織や団体宛に手紙やメールを送付する時に使う敬称であるため、個人宛の郵便物などには使わないように注意しましょう。

【御中の使い方の例】

(正)株式会社〇〇 御中
(正)株式会社〇〇 サービス向上係 御中

(誤)株式会社〇〇 様
(誤)株式会社〇〇 サービス向上係 様

 

2-2.特定の個人宛には「様」

企業やその部署などの組織・団体宛ではなく、特定の個人に宛てて送る郵便物やメールには「御中」を使いません。書類やメールをやり取りする特定の個人が決まっている場合は、名前の後ろに敬称として「様」を付けます。「様」は、目上の人や目下の人に関係なく使用できるのが特徴です。

企業や部署全体を相手に郵便物などを送る場合には「御中」を使いますが、毎回書類やメールのやり取りを行う特定の担当者がいる場合は、個人宛に発送することになります。企業名や部署名に加えて担当者名を記入した後に「様」を付けるのが正しい敬称の使い方です。

なお、組織や団体宛の敬称として使う「御中」と特定の個人宛の敬称として用いる「様」は、併用ができません。下記の通り、部署名と担当者名を並記する場合は「御中」は使用しないため注意が必要です。

【様の使い方の例】

(正)学校法人〇〇 田中 様
(正)〇〇株式会社 営業部 田中 様

(誤)学校法人〇〇 御中 田中 様
(誤)〇〇株式会社 営業部 御中 田中 様

 

2-3.御中と併用できない「各位」

「御中」と似ている敬称に「各位」があります。「各位」は、組織などの複数人に敬意を表す点で共通しており、「〇〇各位」は「〇〇の皆様へ」とほぼ同等の意味になります。

ただし、「御中」は組織や集団全体への敬意を表すのに対し、「各位」は組織や集団の個人一人ひとりに敬意を表す点が特徴です。具体的には、「〇〇クラブ保護者各位」や「〇〇関係者各位」という形で、その集団に属する個人一人ひとりに周知したい書類やメールなどに使われます。

意味が似ている「御中」と「各位」を併用すれば、より丁寧になるのではないかと考える方もいるかもしれません。しかし、「御中」や「各位」などの敬称の併用は、二重敬語表現として文法上の間違いに該当するため注意しましょう。

「様」と「各位」の併用も本来は二重敬語であり、日本語のルールとしては間違った文法ですが、「お客様各位」は一般的な表現として浸透しています。なお、各位も目上の人や目下の人に関係なく使える敬称ですが、企業などの団体名の後や特定の個人名の後には使いません。

【各位の使い方の例】

(正)保護者各位
(正)担当者各位
(正)お客様各位

(誤)学校法人〇〇 各位
(誤)株式会社〇〇 営業部 田中各位

 

3.自分宛の封筒に使用する「行」「宛」

文書やハガキの宛名には、「行」や「宛」が付いているのを目にすることも多いのではないでしょうか。「行」や「宛」には謙遜の意味があり、書類などを自分宛に送り返してほしい時に、返信先の部署名や担当者名の後に記載します。

ビジネスにおいては、少なからず、取引先などへの発送物に返信用の封筒を同封する機会もあるでしょう。自社や自分宛の返送用封筒に「御中」や「様」を記入するのは、マナー違反になるため、返送用封筒の書き方をきちんと理解しておきましょう。

なお、「行」と「宛」の使い分けには、厳密なルールがあるわけではありません。ただし、ビジネスでは「行」を使うことが一般的であるとされています。

【行・宛の使い方の例】

(正)〒111-0000
   東京都千代田区〇丁目□−△
   株式会社〇〇 田中 宛

(正)〒111-0000
   東京都千代田区〇丁目□−△
   株式会社〇〇 カスタマーセンター 行

(誤)〒111-0000
   東京都千代田区〇丁目□−△
   株式会社〇〇 田中 様

 

3-1.「行」「宛」の消し方

自分宛の書類に返信用封筒や返信用はがきが同封されていた際には、「行」や「宛」をそのままにして返送するとマナー違反になってしまいます。必ず、二重線で「行」や「宛」を消し、「御中」や「様」などの敬称を付けて送り返しましょう。

縦書きの場合は縦または斜めの二重線を用い、二重線を引いた下側か左側に敬称を記入します。横書きの場合は、横または斜めの二重線を用い、二重線を引いた右側に敬称を記入します。

 

4.ビジネスに最適なクッション封筒4選

ビジネスにおいては、書類や商品サンプルなどのやり取りを行う機会が多いのではないでしょうか。大切な書類などを安全に送り届けるためには、配送中に中身が損傷するリスクを軽減できるような封筒選びも欠かせません。

特に、重要な書類やCD・DVDなどを配送する場合は、衝撃を和らげてくれるクッション封筒を使うのがおすすめです。アースダンボールでは、さまざまなクッション封筒を販売しております。

おすすめ商品

クッション封筒(イエロー)265×185

◆クッション封筒(イエロー)265×185

新書判の本が入るクッション封筒の表面には、黄色いクラフト紙が使用されています。封筒内部には丈夫なエアクッションが付いており、外部の衝撃から中身を守るだけでなく、付属の両面テープで簡単に包装作業が行える点が魅力です。表紙のクラフト紙とエアクッションは簡単に剥がせるため、リサイクルの手間もかかりません。

クッション封筒(イエロー)265×185はこちら

【B6サイズ対応】ALL紙製 クッション封筒 150×230+ベロ50mm

◆【B6サイズ対応】ALL紙製 クッション封筒 150×230+ベロ50mm

内部に紙製のクッションネットが付いた封筒の最大の特徴は、プラスチックが一切使われていない、エコ商品である点です。緩衝性能もエアキャップが付いたクッション封筒と同等以上であるため、大切な封筒の中身を安心して発送いただけます。日本国内におけるプラスチック撤廃運動の先駆けとしても注目の商品です。

【B6サイズ対応】ALL紙製 クッション封筒 150×230+ベロ50mmはこちら

クッション封筒147×244(直輸入)

◆クッション封筒147×244(直輸入)

長3封筒が入る大きさの緩衝材付き白色封筒は、衝撃から中身を保護するだけでなく、雨濡れなどによる破損も防いでくれます。封かんは両面テープで簡単に行えて便利です。化粧品サンプルやUSBメモリなど、コンパクトなアイテムの発送にお役立てください。

クッション封筒147×244(直輸入)はこちら

【A4】薄型クッション封筒 クラフト色 (直輸入)

◆【A4】薄型クッション封筒 クラフト色 (直輸入)

表面にシンプルなクラフト色を使用した、A4書類が入るサイズのクッション封筒は、直輸入可能なアースダンボールならではの低価格が魅力です。両面テープ付きで効率よく封かん作業ができ、ジッパー部分を引けば開封も簡単に行えます。また、封筒にケアマークの印刷を施しているため、重要な書類送付などが安全に行えるよう、配送に関わる方へ一目で注意喚起を促せます。

【A4】薄型クッション封筒 クラフト色 (直輸入)はこちら

 

まとめ

封筒の宛名に使用する敬称には、「御中」や「様」などがあります。「御中」は、企業や学校などの団体宛に使用できる敬称です。「様」とは異なり、個人宛には使用できません。また「御中」と「各位」など他の敬称を混合することは、マナー違反となる敬称の使い方です。

梱包材専門サイトである「アースダンボール」では、各種のクッション封筒をご用意しております。大切な書類やCD・DVDなどを安全に送付する際には、クッション封筒のご使用がおすすめです。クッション封筒をはじめとした梱包材をお求めの方は、ぜひアースダンボールをご利用ください。

アースダンボール公式サイトはこちら

  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • メール

この記事は引用可能ですが、引用元として当該記事のURL、もしくはhttps://www.bestcarton.com/へのリンクを必ず記載して下さい。

ダンボール専門店最大3000種類超え・ご注文累計100万件以上 創業68年 工場直営なので最短当日お引き取りも可能 ダンボール2.0

  1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. おすすめコンテンツ一覧
  3. ダンボールワンポイント記事
  4. 企業・団体宛の封筒に書く「御中」とは?正しい使い方を解説