メルカリ等で売れた服の梱包方法|必要な梱包資材も解説!

メルカリ等のフリマアプリでは、出品物の梱包から発送まですべて出品者が責任を持って行います。今までメルカリ等で品物を売ったことがない場合、どのように梱包すればよいか判断できない人もいるでしょう。今は着なくなったとはいえ、大切に取っておいた服を譲るのであれば、少しでも喜んで受け取ってもらいたいものです。

そこで今回は、メルカリ等で売れた服の梱包方法を服のチェックから出荷まで、手順を追って解説します。梱包に必要な資材についても紹介するため、ぜひ参考にしてください。

 

1.【メルカリ等】発送する服の梱包を丁寧にすべき理由

メルカリ等で売れた服を発送するときは、細部まで気を遣って丁寧に梱包することが大切です。服は壊れる部品があまりないため、綺麗に洗ってさえいれば丁寧に梱包する必要がないと考える人も少なくありません。しかし、適当に売れた服を包んでしまうと、取引相手の心証が悪くなる恐れがあります。

また、梱包の手を抜くと、配送中のトラブルに見舞われる可能性が高くなるため注意が必要です。例えば、服をそのまま梱包材に入れて送った場合、服が破れたり天候によっては服が濡れた状態で届いたりするケースがあります。

配送中のトラブルであっても、届いた服が汚損・破損していれば評価は下がり、最悪の場合はクレームにつながります。反対に、丁寧に梱包され配慮が行き届いた状態で商品が届けば、相手の満足度が上がり高評価が得られるでしょう。

 

2.服を梱包するときに使う主な梱包資材3つ

服を梱包するときには、主に下記のアイテムを利用しましょう。

  • ダンボール
  • 紙袋・ビニール袋
  • 気泡緩衝材

梱包資材ごとに、梱包に向いた服の種類や量、メリット・デメリットが異なるため、何をどのくらい梱包するかによって使い分けることが大切です。

ここでは、服の梱包に使われる主な梱包資材3つについて解説します。

 

2-1.ダンボール

ダンボールは、服を梱包する資材として一般的です。丈夫なため、配送中に破損する可能性が低く、受け取った相手が安心感を抱きやすい特徴があります。

下記は、ダンボールのメリット・デメリットです。

メリット デメリット
  • 型崩れを心配する必要がない
  • 厚い服・大きい服・大量の服も送りやすい
  • 入手しやすい
  • 紙袋・ビニール袋などを使ったときに比べ、梱包にコストがかかる
  • 薄い服・少量の服は梱包しにくい

ダンボールは、形を崩したくない服や厚み・大きさがある服の梱包に向いています。ただし、ダンボールのサイズによって配送料金が変化するため、内容量に見合った箱を選ぶことが大切です。基本的に、紙袋やビニール袋よりも梱包にコストがかかります。

 

おすすめダンボール

直輸入品の激安特価。宅配60サイズ対応の底面B5ダンボール箱
  • 60cm
  • 2504

直輸入品の激安特価。宅配60サイズ対応の底面B5ダンボール箱

アースダンボールが認めた高品質な直輸入ダンボール箱。底面はB5用紙が入る大きさで、宅配60サイズに対応しています。日本規格にはない特別な材質で製作された激安商品です。※「60e」という名称は、宅配サイズとエコノミーの「e」から取りました。

  • ★★★★★(10件)
  • 単価 31.8円~(税込)(120枚単位)
  • 264×194×114(深さ)mm
    • 即日
    • A式
    • B/F3mm
B4サイズの用紙やファイルが入る、宅配80サイズぴったりの箱
  • 80cm
  • 0418

B4サイズの用紙やファイルが入る、宅配80サイズぴったりの箱

宅配80サイズに対応したダンボール箱。箱の底面は、B4サイズの用紙やファイルが入る大きさです。3辺外寸合計が80cmピッタリのフルサイズ仕様ですので、ギリギリまで荷物を梱包することができます。また、本商品は各ダンボール会社でも多く採用されているオーソドックスな仕様で設計しております。引越しや、小型家電等の梱包・発送、荷物の片付けなど、幅広く活用いただける商品です。

  • ★★★★★(12件)
  • 単価 76.3円~(税込)
  • 370×260×130(深さ)mm
    • 即日
    • A式
    • C/F4mm

 

2-2.紙袋・ビニール袋

紙袋・ビニール袋は、商品の大きさに合わせてサイズを調整しやすい梱包資材です。梱包・配送コストを抑えやすく、処分する場合の手間もかかりません。梱包する商品によっては、ダンボールなどと組み合わせて使用するケースもあります。

下記は、紙袋・ビニール袋のメリット・デメリットです。

メリット デメリット
  • 荷物のサイズを調整しやすい
  • 服を圧縮しやすい
  • ダンボールよりも梱包・配送にコストがかからない
  • 衝撃や引っ掛かりに弱い
  • 紙袋は濡れに弱い
  • 厚みのある服は梱包しにくい

紙袋・ビニール袋は、少量の薄手の服を梱包する場合に向いています。反対に厚みのある服・大きな服・大量の服を梱包することには向いていません。袋類は衝撃や引っ掛かりに弱く、紙袋は水濡れに弱いため、多重包装が必要です。

おすすめ紙袋・ビニール袋

12cmのマチ付き。宅配100サイズとして送れるクラフト宅配袋(B4対応)
  • 86cm
  • 2742

12cmのマチ付き。宅配100サイズとして送れるクラフト宅配袋(B4対応)

宅配便等の梱包・発送に便利なクラフト色の宅配袋。B4用紙が余裕を持って入る大きさです。12cmのマチが付いており、厚みのある商品も入れることができます。また、折り返し部分には両面テープが付いていますので、封かんも簡単です。写真4枚目のように伝票を貼れば、宅配100サイズとして発送いただけます。洋服やファッション雑貨をはじめとした、フリマアプリ・ネットオークション・通販での商品発送に

  • 単価 39.8円~(税込)(50枚単位)
  • 420 × 320 mm
    • 即日
簡単封緘OPP袋。テープ付透明封筒(A4サイズ)
  • 1193

簡単封緘OPP袋。テープ付透明封筒(A4サイズ)

パリッとした質感で透明度の高いOPP袋(A4サイズ)です。折返しは約40mmあり、封緘用のテープかついています。テープ部分は静電気を防止する素材を使っていますので手にまとわりつきにくく梱包の手間を軽くしてくれます。

  • 単価 9.7円~(税込)
  • 310 × 225 mm
    • 翌日

 

2-3.気泡緩衝材

気泡緩衝材は、壊れやすい品物や精密機器などを梱包するときに必要です。一般的には「プチプチ」という名称で呼ばれており、服を梱包するときにはクラフト紙なども代わりに使えます。

下記は、気泡緩衝材のメリット・デメリットです。

メリット デメリット
  • 壊れやすい部品を保護できる
  • 丁寧に包まれている印象を与えられる
  • 空気を含んでいるため、かさばりやすい
  • ゴミが多く出る

気泡緩衝材は、ボタンなどの作りが繊細な服やアクセサリーが付属している服の破損防止に役立ちます。破れや衝撃には強くなるものの、荷物の量が増えるため服を丸ごと包むことには向いていません。

おすすめ気泡緩衝材

即納エアキャップ袋(3層タイプ)【B5】
  • 1165

即納可能な緩衝効果に優れたB5サイズ(エアキャップ袋三層)

商品を保護するつぶつぶを平袋状に加工したエアキャップ袋。袋状に加工してあるので、中に商品を入れて口を閉じるだけで使える作業性の良い商品です。通販業者様に好評をいただいている定番人気商品です。フィルムが3層構造で表・裏面共に平滑なので、袋の中に商品を入れる時は引っかかりがなくスムーズに入れられ、同時に表面にラベルシールを貼る事ができます。B5サイズのエアキャップ袋は270×210の大きさなので、B5判(週刊誌・一般雑誌)雑誌や書籍などの梱包発送などにもご利用いただけます。

  • 単価 51.9円~(税込)
  • 212×270mm
    • 即日
エアピロータイプ緩衝材200×100(箱入り)
  • 1171

空気が入ったクッション材。エアー緩衝材200×100

機械を導入しないとご使用頂けなかった「エアーパウチ」ではなく、こちらは空気を封入して完成品として1本単位でお届けできるエアークッション、エアピロータイプの緩衝材です。なんと言っても大きなエアピローが連結していますので箱の底や上に必要な長さを載せるだけでOKという作業性が特徴です。そして、空気を抜けば容積が100分の1以下になりますのでお客様の処分がとても楽です。

  • 単価 13.1円~(税込)
  • 200×100mm
    • 翌日

 

3.服を梱包する4つの手順|服のチェックから出荷まで

送られてきた商品の梱包が丁寧か否かで、相手からの印象は大きく異なります。商品自体の状態がよくても、「梱包が雑だ」と感じられてしまうと、高評価を得られません。気持ちよく服を受け取ってもらうためにも、綺麗な梱包を心がけることが大切です。

ここでは、服を梱包する手順を4つに分けて解説します。

 

3-1.手順1:服に破損・汚れがないかチェックする

まずは、服に破損がないか、汚れが付着していないかを入念に点検しましょう。梱包資材に新品で綺麗なものを利用しても、肝心の商品に不備があってはなりません。商品の紹介欄に記載されていない異変がないか、隅々まで確かめることが大切です。

また、十分に洗濯した服でも、しばらく保管していた場合は梱包する直前に再度洗濯することで、梱包後のニオイやシミの発生を防止できます。特に、ペットを飼っている・喫煙者がいる場合、自分自身では気付けないニオイが付着しているため注意が必要です。

服に髪の毛・ほこりが付着していると、不潔な印象を与えます。エチケットブラシやガムテープを利用して、しっかりと取り除きましょう。梱包中にゴミが入り込まないよう部屋の掃除を行い、明るい状態で作業することも重要です。

 

3-2.手順2:服を綺麗に折りたたみ袋に入れる

次に、服を綺麗に折りたたんでから、防水力のある袋に入れましょう。防水力のある袋には、OPP袋やチャック付きナイロン袋などがおすすめです。二重包装にすることで、配送中に雨が降っても服が濡れたり汚れたりする可能性を減らせます。

袋よりも一回り小さいサイズで、なるべく厚みが均等となるようにたたむことがポイントです。複数枚同時に送る場合は、全部の服を重ねたときに平らな状態となるように調整します。服に繊細な作りのボタンやアクセサリーが付いている場合は、気泡緩衝材で保護しましょう。個別に袋へ入れることで服同士が擦れて傷むことを防止できます。

 

3-3.手順3:服を入れた袋ごと薄くする

袋に服を入れたら、空気を抜いて薄くしましょう。配送サービスの送料は、荷物のサイズによって金額が異なります。できるだけ薄く、小さくすることで配送にかかるコストを抑えることが可能です。また、荷物がコンパクトであれば郵便受けに入れられるため、相手の手間を減らすことにもつながります。

しわが寄っても問題ない服の場合は端から丸め、なるべくしわを作りたくない服の場合は板などを乗せて上から体重をかけましょう。袋の隅に小さな空気穴を開けておくと、梱包が終わった後にも空気を抜きやすくなります。

セーターやコートなど、厚手の服は圧縮袋を使うことがおすすめです。圧縮袋を嫌う人もいるため、圧縮袋を利用する旨を商品の紹介欄に記載しておくことでトラブル防止を図れます。

 

3-4.手順4:紙袋・ダンボールに入れて発送する

個々の服を袋に包んだ後は、紙袋かダンボールに入れて商品を発送しましょう。紙袋にするかダンボールにするかは、服の厚さや枚数によって選びます。

発送する服が1~3着程度であればかさばらないため、紙袋やビニール袋、封筒などで十分です。服が3着以上、あるいは厚手の服や壊れやすい部品が表に出てしまう服を発送する場合は無理に袋を使わず、ダンボールで梱包することをおすすめします。

ダンボールを利用する場合は、緩衝材と一緒に詰めて服と箱の間に隙間ができないようにしましょう。また、宛名の上から透明なテープを貼ることで、文字がにじみにくくなります。

 

まとめ

メルカリ等で売れた服を発送するときは、服の状態を隅々までチェックし、問題がないことを確認してから丁寧に梱包することが大切です。薄手の服の場合は袋で十分なものの、厚手の服や3枚以上の服を発送する場合はダンボールでの梱包が向いています。

服の梱包にダンボールが必要となったときは、「アースダンボール」がおすすめです。アースダンボールの「ダンボールA」では、既製品やオリジナルのダンボールの他に、緩衝材なども取り扱っています。梱包資材一式をまとめて購入したい人は、ぜひアースダンボールをご利用ください。

ダンボール専門店最大3000種類超え・ご注文累計100万件以上 創業68年 最短当日お引き取りも可能 幸せのダンボール

  1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. おすすめコンテンツ一覧
  3. ダンボールワンポイント記事
  4. メルカリ等で売れた服の梱包方法|必要な梱包資材も解説!