匿名配送の仕組みとは?利用するメリットや各サイトの概要を解説

フリマアプリやオークションサイトで、住所や氏名を購入者に知られたくない場合は匿名配送が適しています。ただし、匿名配送を利用できるサービスは限られているため、各サービスの特徴を把握しておくことが重要です。

この記事では匿名配送の仕組みや匿名配送を利用できるサービス、匿名配送のメリット・デメリットなどについて解説します。自分に合ったサービスで匿名配送を利用し、安全に取引を進めたい方はぜひ参考にしてください。

 

1.匿名配送の仕組みとは?

匿名配送は、フリマアプリやオークションサイトのシステムに登録された情報をもとに商品が配送される仕組みです。出品から到着まで、下記のような流れで匿名配送が行われます。

  • (1)【出品者側】出品者が匿名配送に対応した配送方法で商品を出品する
  • (2)【購入者側】落札時などに、購入者がシステム上に住所・氏名などを登録する
  • (3)【購入者側】購入者がシステム上で決済を行う
  • (4)【出品者側】購入者情報が非表示の配送伝票がシステムにより発行され、発送手続きを行う
  • (5)【システム側】システム側と契約を結んだ配送業者がシステム側の情報をもとに商品を購入者のもとに配送する

上記のように、システム側が購入者の情報を管理することで、お互いに住所・氏名を開示することなく、やり取りが可能となります。

 

1-1.匿名配送を利用できるフリマアプリ・オークションサイト

匿名配送は、フリマアプリやオークションサイトで商品が売れた場合のみ利用できます。フリマアプリやオークションサイトとして特に有名な「メルカリ」「ラクマ」「ヤフオク!」では匿名配送サービスが利用可能です。

ここでは、匿名配送のサービス内容について解説します。

●メルカリ

メルカリで匿名配送が可能なサービスは、「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」の2種類です。

サービス名 らくらくメルカリ便
提携している運送会社 ヤマト運輸株式会社
対応サイズと配送料金 ネコポス(A4サイズ・厚さ3cm以内・重さ1kg以内) 全国一律210円(税込)
宅急便コンパクト(縦20cm・横25cm・高さ5cm以内)
宅急便コンパクト薄型(縦24.8cm・横34cm以内)
全国一律450円(税込)
宅急便 全国一律(税込)
60サイズ(~2kg):750円
80サイズ(~5kg):850円
100サイズ(~10kg):1,050円
120サイズ(~15kg):1,200円
140サイズ(~20kg):1,450円
160サイズ(~25kg):1,700円
持ち込み場所 ヤマト営業所
ファミリーマート
セブン-イレブン
宅配便ロッカーPUDO

出典:メルカリ「らくらくメルカリ便」

サービス名 ゆうゆうメルカリ便
提携している運送会社 日本郵便株式会社
対応サイズと配送料金 ゆうパケットポスト(3辺合計60cm以内(長辺34cm以内)・重さ2kg以内) 全国一律215円(税込)
ゆうパケット(厚さ7cm以内・重さ2kg以内) 全国一律230円(税込)
ゆうパケットプラス(厚さ7cm以内・重さ2kg以内) 全国一律455円(税込)
ゆうパック(重さ25kg以内) 全国一律(税込)
60サイズ:770円
80サイズ:870円
100サイズ:1,070円
持ち込み場所 郵便局
郵便ポスト
ローソン

出典:メルカリ「ゆうゆうメルカリ便」

らくらくメルカリ便のほうが、ゆうゆうメルカリ便と比べて幅広いサイズに対応しています。

●ラクマ

ラクマの匿名配送「かんたんラクマパック」は、ヤマト運輸と日本郵便が配送サービスを提供しています。

サービス名 かんたんラクマパック(ヤマト運輸)
提携している運送会社 ヤマト運輸株式会社
対応サイズと配送料金 ネコポス(A4サイズ・厚さ3cm以内・重さ1kg以内) 全国一律200円(税込)
宅急便コンパクト(縦20cm・横25cm・高さ5cm以内)
宅急便コンパクト薄型(縦24.8cm・横34cm以内)
全国一律530円(税込)
宅急便 全国一律(税込)
60サイズ(~2kg):800円
80サイズ(~5kg):900円
100サイズ(~10kg):1,150円
120サイズ(~15kg):1,350円
140サイズ(~20kg):1,550円
160サイズ(~25kg):1,800円
180サイズ(~30kg):2,100円
200サイズ(~30kg):2,500円
持ち込み場所 ヤマト営業所
ファミリーマート
セブン-イレブン

出典:ラクマ「かんたんラクマパック(ヤマト運輸)」

サービス名 かんたんラクマパック(日本郵便)
提携している運送会社 日本郵便株式会社
対応サイズと配送料金 ゆうパケット(3辺合計60cm以内、長辺34cm以内、厚さ3cm以内、重さ1kg以内) 全国一律180円(税込)
ゆうパケットポスト(3辺合計60cm以内、長辺34cm以内、厚さ3cm以内、重さ2kg以内) 全国一律175円(税込)
ゆうパック(重さ25kg以内) 全国一律(税込)
60サイズ:700円
80サイズ:900円
100サイズ:1,150円
120サイズ:1,350円
140サイズ:1,500円
160サイズ:1,500円
170サイズ:1,500円
持ち込み場所 郵便局
郵便ポスト
ローソン

出典:ラクマ「かんたんラクマパック(日本郵便)」

荷物のサイズが同じであっても、選ぶサービスによって金額に違いが生じる場合があるため、事前に確認しましょう。

●ヤフオク!

ヤフオク!で匿名配送を利用できるサービスは、次の2つです。

サービス名 おてがる配送(ヤマト運輸)
提携している運送会社 ヤマト運輸株式会社
対応サイズと配送料金 ネコポス(A4サイズ・厚さ3cm以内・重さ1kg以内) 全国一律170円(税込)
宅急便コンパクト(縦20cm・横25cm・高さ5cm以内)
宅急便コンパクト薄型(縦24.8cm・横34cm以内)
全国一律380円(税込)
宅急便(3辺合計160cm以内) 全国一律(税込)
60サイズ(~2kg):700円
80サイズ(~5kg):800円
100サイズ(~10kg):1,000円
120サイズ(~15kg):1,100円
140サイズ(~20kg):1,300円
160サイズ(~25kg):1,600円
持ち込み場所 ヤマト営業所
ファミリーマート
セブン-イレブン
宅配ロッカーPUDO

出典:ヤフオク!「おてがる配送」

サービス名 おてがる配送(日本郵便)
提携している運送会社 日本郵便株式会社
対応サイズと配送料金 ゆうパケット(3辺合計60cm以内、長辺34cm以内、厚さ3cm以内、重さ1kg以内)
ゆうパケットポスト(3辺合計60cm以内、長辺34cm以内、厚さ3cm以内、重さ2kg以内)
全国一律175円(税込)
ゆうパック(重さ25kg以内) 全国一律(税込)
60サイズ:700円
80サイズ:800円
100サイズ:1,000円
120サイズ:1,100円
140サイズ:1,300円
160サイズ:1,600円
170サイズ:1,800円
持ち込み場所 郵便局
郵便ポスト
ローソン

出典:ヤフオク!「おてがる配送」

 

2.匿名配送の3つのメリット・2つのデメリット

匿名配送は、さまざまなメリットのある配送方法です。そのため、匿名配送を選択する出品者が増えてきています。また、購入者側が匿名配送を希望することも多いです。

ただし、匿名配送には少ないながらデメリットも存在します。匿名配送を利用するか検討している場合は、メリットとデメリットを把握した上で判断することがおすすめです。

ここでは、匿名配送のメリットとデメリットを紹介します。

 

2-1.【メリット1】個人情報を保護できる

匿名配送を利用すると、出品者と落札者がお互いの個人情報を保護しながら安全な取引が可能です。氏名や自宅の住所を見ず知らずの他人に知られることに不安を感じる場合は、匿名配送をおすすめします。

悪質なケースでは、個人情報が取引以外に使われる場合もあるため注意が必要です。特に、個人情報の悪用によるストーカー被害などのトラブルを防ぎ、安心して取引をしたい方には匿名配送が適しています。

 

2-2.【メリット2】商品が売れやすくなる

フリマアプリやオークションサイトで出品する場合、匿名配送への対応を明記しておくと、商品が売れやすくなる傾向にあります。

最近では購入者側にもプライバシーを保護したいと考える方がいます。匿名配送が可能な配送方法に対応している商品は、個人情報を公開したくない購入者にとって魅力的です。価格やコンディションなどの条件が同じ場合、匿名配送を指定できるようにすると買ってもらえる可能性がより高まります。

 

2-3.【メリット3】送料を抑えられる

他の配送方法と比べて安い送料で配送できるケースがあることも、匿名配送を利用するメリットです。

匿名配送に対応したサービスの配送料金は、発送元から届け先までの距離にかかわらず一律で設定されている傾向にあります。そのため、距離に応じて配送料金が高くなる配送方法と比べた場合、匿名配送ではコストを抑えることが可能です。

ただし、匿名配送の配送料金が常に最も安いとは限りません。実際にかかる配送料金を比較した上で、適切な配送方法を選択しましょう。

 

2-4.【デメリット1】配送方法が限定される

匿名配送に対応しているサービスでは、選べる配送方法が限定されてしまいます。たとえば、普通郵便やレターパックなどの配送方法では匿名配送が利用できません。

サービスによって、匿名配送で配送できる商品には大きさや重さの上限が設けられています。規格をオーバーするような大型の荷物は送れない点が、匿名配送のデメリットです。

また、匿名配送が利用できる配送方法の中には、商品券や精密機器など特定の商品を送れない種類もあります。匿名配送を利用する場合、送りたい商品が対応しているか出品前に確認しましょう。

 

2-5.【デメリット2】窓口に出向く必要がある

匿名配送のラベルを印刷するためには、専用端末が配置された窓口に出向く必要があります。コンビニや郵便局など、最寄りの窓口まで距離がある場合は発送手続きに手間がかかる点がデメリットです。

また、窓口が混雑している場合や商品点数が多い場合は、発送作業により長い時間がかかります。

 

3.匿名配送には各サイトに対応したダンボールがおすすめ

匿名配送を利用して商品を送る場合は、それぞれのサービスに適した規格のダンボールを選ぶことがおすすめです。

ダンボールのサイズが規格を超えていると、配送料金が高くなってしまう場合があります。また、サイズを合わせるためにダンボールを切り貼りすると、強度が損なわれ破損などのトラブルにつながるため危険です。

ダンボール専門サイトの「アースダンボール」では、各種匿名配送サービスの規格に適合したダンボールをご用意しております。規格に合ったダンボールを使って商品を梱包すると、必要最小限のコストで発送が可能です。そのため、最適なサイズのダンボールを選びたい方には「アースダンボール」の利用をおすすめします。

 

まとめ

匿名配送を利用すると、フリマアプリやオークションサイトで個人情報を開示せずに商品を届けることが可能です。ただし、匿名配送にはメリットだけではなくデメリットもあるため、特徴や注意点を理解した上で利用しましょう。

「アースダンボール」では、各種匿名配送サービスの規格に合ったダンボールをご購入いただけます。最短で即日出荷に対応しているため、急いでいる方にもおすすめです。匿名配送で商品を梱包するダンボールを探している方は、ぜひ「アースダンボール」をご利用ください。

宅配便規格からダンボール箱を探す

  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • メール

この記事は引用可能ですが、引用元として当該記事のURL、もしくはhttps://www.bestcarton.com/へのリンクを必ず記載して下さい。

ダンボール専門店最大3000種類超え・ご注文累計100万件以上 創業68年 最短当日お引き取りも可能 幸せのダンボール

  1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. おすすめコンテンツ一覧
  3. ダンボールワンポイント記事
  4. 匿名配送の仕組みとは?利用するメリットや各サイトの概要を解説