1. ダンボール通販・購入 トップ
  2. 通販用梱包マニュアル
  3. 大き目の物の梱包方法
  4. ゴルフクラブの梱包<C式ダンボール編>

通販用梱包マニュアル

通販用梱包マニュアルは、商品の梱包方法を動画でご紹介。梱包材、緩衝材の選び方、詰め方のノウハウまで、通販業者様に役立つ知識をプロの視点でお伝えします。
また、0円で梱包したい!という方は、身近にあるものだけでお金をかけずに梱包する「¥0梱包マニュアル」から、梱包の豆知識を知ることも出来ます。

ゴルフクラブの梱包<C式ダンボール編>

ゴルフクラブの梱包<C式ダンボール編>は、ゴルフクラブを贈り物として、丁寧に梱包したい場合におすすめの方法を紹介します。
高価な商品の梱包や、プレゼントによく使われるC式タイプの箱を使用して梱包します。

梱包するもの

ゴルフクラブ(パター) ゴルフクラブ(パター)

梱包材

パター1本用化粧箱 パター1本用化粧箱 パター1本用化粧箱

■梱包手順

1) 梱包材の準備

まず、箱を組み立てます。今回はパターを包むので、パター1本用化粧箱を使用します。

C式(お弁当箱タイプ)は、身とフタの2パーツに分かれますので、両方組み立ててください。 C式(お弁当箱タイプ)は、身とフタ部分が2パーツに分かれている形式です。ダンボールガイドのC式タイプにて組み立て方法の詳しい解説を見ることが出来ます。

2) 商品の梱包

ゴルフクラブを箱の中に入れます。

今回使用したC式箱は、仕切りパーツがセットになっておりますので、ゴルフクラブを箱の中で固定することが出来ます。
そのため、緩衝材は不要となります。

最後に、フタをしたら完成です。
念のため、身とフタの隙間部分をテープなどで留めておくと、輸送中に身とフタが分かれてしまう恐れがなくなりますので、オススメです。 仕切り付きの箱を使用する場合、箱の中で商品が動く心配はありません。
念には念を入れたい方は、エアキャップやミラーマットなどの緩衝材をゴルフクラブのヘッド部分に巻いておくと、より安全に発送することが可能です。

▼使用した梱包材、緩衝材はこちらより購入できます

▼他にも、ゴルフクラブの種類に適した箱を取り揃えております

ダンボール品揃え最多・ご注文累計100万件以上 創業67年